自家用車とスマホは伸長に当てはまるものを持つ

僕は若くして結婚して分娩し、どちらかと言えばコストには苦労してきました。
今は私もコンポーネントではたらくようになり残りができてきたかと思えば、小児が中高生になり要するお金が例年目立ち、意識を悩ましていらっしゃる。
ネットで軽減に関するインターネットブログやWEBを読み漁ったりして年々研究していらっしゃる。他人の生計をわかる中で気になったのが車と携帯に繋がるプライスだ。明らかに黒字に見合ってない車にのぼり、大きいスマホお代を払っていらっしゃるヤツが極めているんですよね。
私の睦まじい傍もそうで、真新しい在宅に住み、大きな車を携帯し、父母も子どももケータイだ。見た目ただの余裕のあるおうちにしか見えませんが実態を聞いて気抜け。マンションと車の割賦があり預金およそ0、ハイスクールの小児の進学費用も貯めれてないと言っていました。おっきい車はガソリンお代が大きいし、ケータイお代はみんなで2万を超えると嘆いていました。
一方僕は車とケータイは毎月の確保費がなるので背にあったものを持つと決めていました。端末がマンションにあるので厳しいスマホはむだ、家中ガラケーで端末の報知費を入れても月に1万円もかかりません。
また車は案外初々しいユーズドの軽自動車を小遣いで買いました。タックスも安いですしエコカーをうたっている車なのでガソリンお代も抑えられていらっしゃる。
このおかげで少しずつですが預金も増えてきています。さすが背に当てはまるものを持つことが軽減では一番大事なことだと思います。


人生の低減メソッド

殊更ら一人暮しをしていらっしゃる顧客に取って、生活費というのは頭を悩ませる消費点の一つでは無いでしょうか。電気代も水道料金もその手のユニットはとにかくお金がかかってしまいますし、逆にお金をかけないようにと思うと義務時間をカットすることになるので暮らしに対してストレスが溜まってしまう。

ですが自身はその中でも使いながらコストダウンを噛みしめるようにしています。それは例えば便所でも水流の小を積極的に使ったり、洗濯品物の水をバス桶からつかったり、エアコンディショナーを作り上げるときはかわいく要る広間だけに限定して置きたりと、辛抱をするのではなく用法を練るようにしています。

ですがこれをすることによって消費もそれなりに変わってきました。とても水道料金は10立方メートルまでのりみたいは本質貸し賃のみで利用できるのですがひと月こういう本質貸し賃で収められるようになってきたのです。それに電気代もいとも安く抑えられて以前よりも3千円ほども安くなったのです。

おおかたチャンス的物質もあるのでは乏しいかと思いますがそれでもここまでお金が安くなるのは非常に望ましいものです。これからもコストダウン手法を見つけてドンドンと駄目の乏しいコストダウンを心がけていこうと考えています。


お金を使わずに過ごす日を週に何日か必ず作ります。

我が家は収入が少ないので、とにかく出費を抑えることばかり考えて生活しています。まず、買い物は週に3回ほど、手で持って歩いて帰れるだけのものを買い、何も買い物をしない日を必ず作っています。冷蔵庫にあるもので適当に料理をし、ないならないとあきらめることもしばしば、ご飯のおかわりは制限しませんが、デザートなどは誰かから差し入れがない限りありません。

外食も祖父母が誘ってくれた時はごちそうしてもらえるので出かけますが、自分たちからは誘えません。母の日や父の日、敬老の日には感謝として料理をふるまったり、子どもたちからのプレゼントとして何かしらお礼をしますが、それ以外の日にはできませんが暗黙の了解です。

お風呂もみんなで一緒に入り、部屋も一つの部屋でまとまって一緒に過ごし、とにかく家じゅうでできる限りの節約をすることが当たり前なので、子どもにも自然と部屋の電気を消すことや、水の出しっぱなしをしないなどは身に付いています。もっと子どもが大きくなれば今のような節約は絶対にできないので、今のうちにできるだけ切り詰めて、将来のためにと貯金しています。

節約はゲーム感覚で楽しみながらするとあまり苦ではありません。毎月残金が多ければ達成感もあり、もっとできることがないかを探しています。


小銭貯金は意外と貯まります

今私がしている節約方法は小銭貯金です。

買い物に行く時は例えば3000円以内というように大まかな予算を決めておきます。そして、その金額の範囲内で買い物をするようにします。レジで支払いをすると、お釣りをもらいますが、そのもらったお釣りを家に帰ってから、貯金箱に入れていきます。つまり、一回の買い物で決めた予算分を使い切ったとして、余った金額を貯めるのです。

すごく単純なことなのですが、意外とお金が貯まります。私の場合はだいたい、一ヶ月で2000円以上は貯まっていると思います。貯金箱は小銭だらけになりますが、いっぱいになるまで貯まったら、銀行でそのお金を貯金するようにすると、一年経つとそれなりの金額になるのです。しかも、毎回、買い物の前に予算を決めておくことで、予算内での買い物をしようと思いますので、無駄なものを買うことができないようになります。

本当に色々と考えて買い物をするようになりますので、例えば、冷蔵庫の中身をチェックして必要なものを確認したり、日用品を余分に買わないよう残量をチェックしておく等して、多分なかったと思うと言って、買うことがなくなり、予算よりも安く買い物が済ませられたりします。

また、余剰金を次の月に回すのではなく、貯金にしてしまうので、毎月同じ予算で買い物をするようになり、慣れるとすごく簡単です。気づいたら意外に貯まっている、というすごく簡単な方法だと思います。


がんばりすぎない節約術

我が家は共働き夫婦。結婚後から共通の貯蓄をスタートしました。

同じ職場でほぼ同じ額の給料でしたが、残業や休日出勤をするほど手当がつき給料が高くなります。そのため頑張った分は自分のお小遣いになるよう、

毎月お互い同じ額だけ生活費や貯金を出し合い、残りは自分のお小遣いにしていました。つまり給与が多い分おこづかいも増えるしくみです。

しかし私が妊娠・出産で育児休暇に入ってからは、収入差が大きくなったため、おこづかい定額制にして残った分を貯金するシステムに変更しました。

世帯収入も減ったので、それまでは面倒で見向きもしていなかった節約に目覚めました。スーパーのポインをこまめにためたり、エコバックを持っていってポイントをつけてもらったり、ポイント率の高いクレジットに変更したりしています。クレジットカードはリクルートカードプラスで2%の還元率のものを使用しています。公共料金や携帯代もすべてこのカードに支払いを集約することで、年間3万以上はポイントがたまるようになりました。

すごく地味ですが、リクルートポイントサイトやTポイントサイトのくじを毎日ひいて1日1ポイントでもかせぐ努力をしています。この習慣により1円でも大切にするようになりました。

また、買い物大好きな私の物欲を満たす方法として、ネットショッピングの活用があります。欲しいものをいっぱい買い物かごに入れて、結局買いません!!

でも買い物気分は味わえるのでお勧めです。最大の節約は買わないことかもしれませんね。


毎日の食事での節約

お金を貯めるのは難しいですが、使うのは本当に簡単なものです。

毎日の食事は欠かせない要素ですが、それも結構無駄使いというのが多いのです。特に外食や、おやつなどでガバガバとお金が出て行くので、出来る限り家で食事してそれも節約しながらといろいろと工夫しながらやっています。

小さな事を言えば切りが無いのですが、家でちょっとした庭などがあればトマトやきゅうりやニラなどは作ってみるのがいいと思います。私もそんなにいろいろと作るのが得意なほうではないのですが、毎年トマトときゅうりだけは植えています。栄養剤と肥料をあげれば、それほど大変ではありません。

春先にアブラムシがでるのでそれを退治してしまえばそんなに害虫の心配はないのです。春に植えたトマトですが初夏から食べ初めて今でも食べています。今年になってトマトを買ったことがないし、きゅうりも最近になって買いました。かなりの節約になったと思います。家でしか出来ない人は、貝割れなんかは簡単なので栽培してみるといいと思います。

その他には毎日チラシを見ながら献立をたてるのは当たり前の事ですが肉や魚などきちんと小分けにして、冷凍庫に入れてあげるのは常識だと思うのですが、出来たらマジックで日にちを書くのもいいと思います。

その他に長持ちしない野菜の買いすぎは禁物です。ほうれん草などは茹でて冷凍しても解凍後同じように食べれるので便利です。
いろんな工夫で無駄なく食生活で節約することができます。

それでもダメなときは・・・
キャッシングを利用するときに大切な審査基準
http://www.mtbveteraner.org/gendogaku.html


普通預金でも分散貯蓄で利便性を

私は特殊な貯蓄形式を試した事は殆どありません。大半は普通預金口座への預金であり、それで十分に生活はやりくり出来てきました。定期や定額といった預金は利息が高いのが魅力的ではあったのですが、元手が少ない私の貯金額ではあまり意味が無く、またいざという時の解約や引出しにも手間が掛かる上手数料や違約金も発生し、お得ではないと判断しての事でした。

ただ普通預金のみでもちょっとした工夫は講じています。それは実に簡単な事で、複数の口座に分散して預金し、それぞれに明確な目的を振り分ける事です。例えばある口座は生活費をメインに、またある口座はライフラインを始め月々の各種支払いの引落し用、そしてもう一つは自らの目標や趣味の為の預金、といった具合です。

目的がはっきりしていれば預金からの浪費を防ぐ事が出来ますし、預金管理も非常に楽というメリットが出てきます。家計の計算に関しても、予め目的別で口座・通帳が分散しているのでやはり楽なのです。また緊急時のリスクヘッジという意味においても通帳の分散化は若干役立つ筈です。

ただあまりに細かく口座を分散し過ぎると返って管理が複雑化するデメリットの方が大きくなりますので、私の場合は上記の様に3つ程度に留めています。


節約と人との関係性

節約とダイエットは似ているという話をどこかで読んだ事がありますが、本当だと思います。

衣服代を抑えるために体型維持を試みたり、太らないように工夫して過ごし、誘惑に負けないようにすることが必要になります。以前作家の椎名誠さんも「服を買わなくてすむように、体型維持をしている」と発表
されていたけれど、椎名さんは物質より大事なものを手に出来ていると推察します。

物を買いやすい人の多くは、心の穴を埋めるための買い物をしている傾向があるそうです。

「若い時の服が今でも入る」という人は、若い時の体型を維持するための努力をしていて感心しているのですが、今でも若い時の服を着たいのかというと、そうではないことがわかります。そういう人は自分を客観視出来るので、体型は変わらずともその時の服が似合わなくなっているのを感じているのでしょう。

だから、自分が今似合う服を選んで買うことになるのです。こういう人は、節約とは無縁で「着倒れ」になる可能性があります。しかし、服を買う余裕がない人達がいるのも事実です。冠婚葬祭の時以外は、普段着でいられる方が良いのではないでしょうか。

節約するためには変な話ですが、人との付き合いで「お金を使わずに気を遣う」ことを日頃から出来ているかというのが重要になってくるでしょう。もちろん、日本にいて「まるっきりお金を使わない」ということはありえない話ですが、付き合う相手の様子に気を配ったり大事な時に必要な存在となることもお互いの生活を満たす重要なポイントになることは間違いありません。

その点では節約する社会というのも、満更悪いものではないかもしれません。
人と人との関係性と節約は比例するとしみじみ思います。


イオンでポイント貯めまくってます

最近はまっている節約としては、イオンで極力買い物をするということ。オーナーズカードがあるので、常に3%分キャッシュバックしてもらえるからです。嬉しいところだなぁって素直に思いますね。株主になるとこういった利点があるのでいいなって思います。お客様感謝デーだと5%割引になるので、オトクな割引を採用してくれるのも嬉しいところです。おまけに火曜市の日などは100円程度で野菜が買えるので重宝しています。

基本的に支払いはWAONでしています。200円で1ポイントたまるし、これをそのまま現金と同じように使えるので気に入っています。再び買い物に使えるのがいいですよね。それによく見ているとWAONで買うとポイントがつくものが沢山あるので何か新しいものを試してみたい時とかは利用させてもらっています。

イオンならば食料品もそうですし、衣料品とか日用品もすべて買えるので欲しいものがあったらなんでもイオンでって感じにしています。3000円以上買えば、WAONのポイントがたまることもあるので、大きな買い物をWAONでするっていうのも大事だなって思っているところです。しかもクレジットカードの支払いでも、クレジットのポイントがつくので、カードもイオンカードにしています。


貯蓄や節約をする時は、無理な設定金額はやめましょう。

貯蓄や節約をする時は、無理な設定金額はやめましょう。

貯蓄や節約を計画する時に大切なことはギリギリの設定金額を決める人がいます。しかし、計画は常に思い通りにはいかないものです。例えば急な出費などで計画していた貯蓄額や節約額に達しないことは当然あります。その時、計画にある程度の余裕があれば来月少し節約額を増やして対応することも出来ます。それくらいの計画の柔軟性がないと続けることはできません。

大体の人は計画に柔軟性がないために、この急な出費で計画が上手くいかなかったことを後悔して投げ出してしまうパターンが多いです。貯蓄や節約もある程度ゲーム感覚で、楽しむ感じでやりましょう。また、貯蓄や節約は長期の計画なので続けれることが大切です。続けれない計画は計画としてはダメだと思います。

しかし、どうしても計画を立てるときは、早く目標に到達したいと考えます。貯蓄も節約も我慢をすることなので苦しいことはしたくないという人間の心理は理解出来ます。

ですが、どんな事でも短期で目標に到達させるためには無理をしないと出来ません。でも、どんな事でも無理が過ぎると大きな反動や失敗に繋がります。

そのためにも、貯蓄や節約の無理な設定はやめましょう。