野菜を安く手に入れるのに直売先を利用する

夏季の長雨や悪化日和のために野菜が高騰していらっしゃるというマガジンを聞いたやつは多いと思います。

百貨店などの野菜コーナーを見てみても取り敢えず野菜全般にコストが高かったりして家計に対する重荷は大きいですよね、少しの暴騰も支払い税金の増税もありなかなか影響があると思います。

これから寒く繋がると鍋物が喜ばしい瞬間、鍋物には野菜が欠かせないと思います。

そんな鍋物の瞬間に向けて野菜をいよいよ安く手に入れたい、そして多少なりとも節約するためにはどうすれば良いのか、それは直売場所などを利用することです。

直売所は農家からストレート仕入れていたり、農家の方々がじかに販売している結果、仲立業務を通す百貨店などに比べると圧倒的に安っぽいのがプロパティ。

そして、直売場所の中には「規格外野菜」を販売している場所もあります。

規格外野菜とは肩書きの表通り、販売するスペックに合っていない結果原則廃棄患う野菜のことです。
規格外と言っても腐っていたりやるわけではなく、体裁が少々歪んでいたり、がたい系統に小さかったり、逆に大き過ぎたり始める野菜のことです。

見た目は確かに販売されている野菜に見比べますと見劣りしますが、テーストはまったく問題ない、これらの野菜は販売されているスペック一環の野菜に比べてプライスがなんとも安くなっております。

直売場所を上手に利用するだけで家計はいとも頑張るはずです、とにかく上手に実践を下さい。


節約をする前に、自分の生活レベルを疑ってみてください。

本屋へ行けば、どこもかしこも「コスパ」や「節約」等、いかにしてお金を使わないようにすれば良いかという本が踊ります。

そもそも低賃金で働いている人も多く、残業をしてもいわゆる「サービス残業」でお給料に反映されないこともしばしば。

低金利のこの時代、銀行に預けてもお金は増えませんし、資産運用に手を出そうとする人もいるでしょう。

そして節約本に書かれていることをそのまま実行したはいいものの中々出費が減らない、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

節約や資産運用の前にまず大切なことを忘れている人が多いのです。

それは、自分が身の丈に合ったお金の使い方をしているのか、という点です。

つまり、そもそもの生活レベルが適切なものであるのかどうかを確認しなければいけません。

例えば、週に二度外食へ行っているとしましょう。

それを週に一度にすれば、週に二度外食をするよりは確実に出費は減ります。

しかし、その一回の外食にかけるお金がどれくらいになるのか、というのは考えたことがあるでしょうか?

その一度の外食がファーストフード店やファミリーレストランなら2000円程度だとしても、

おしゃれな個人経営のレストランやホテルのレストランなら4000円では足りないかもしれません。

これでは、週に二度ファミレスへ行くのと、週に一度おしゃれなレストランへ行くのが同じ金額になってしまいます。

節約をしているのにどうしてかお金が貯まらないと思っている人は、まず自分の生活レベルを落としてみることを考えてみませんか?

自分では「普通」だと思っていたことも、実は身の丈に合っていないことに気づくかもしれませんよ。


日々とても簡単にできるおすすめの節約術

節約をしようと思ったとき、様々な方法があるかと思います。

私も過去に色々と試してみましたが、正直なかなか続かないものです。

家計簿をつけてみたこともあります。

日々のお金の計算はとても面倒で、当然ながら私は続きませんでした。

ある日、ふと立ち寄った本屋さんで「簡単にできる レシートを張るだけの家計簿」というような家計簿を見つけ買ってみました。

「貼るだけで合計金額を足していくだけだしいいかも!」と思い、その家計簿を購入しました。

お買い物をしたらレシートを必ず貰うようにし、毎日しっかりと貼っていきました。

面倒くさがりな私は、レシートを貼る手間を減らすために買い物する事も減っていき、ある意味それが節約にも繋がりました。

そして数か月程経ちました。

レシートを張ることすら出来なかった自分がいました。

もはや私に節約なんて無理・・。

そう思いました。

しかしそんなある日、友人からものすごくシンプルなのに効果的な方法を聞きました。

毎日500円玉が出来たら貯金箱に入れる。

ただこれだけです。

何の計算も必要ありません。

家に帰ったらまず500円玉を貯金箱に入れる。

毎日貯金箱が重たくなっていくのが楽しみに変わっていく。

友人はこの方法で一年間に数十万の貯金が出来たそうです。

まねる価値がありそうです。

少し大きめの底の開かない貯金箱を私も買ってみようと思います。


軽減&ストックを成功させるためには朝等級家計が必須です!

財の減額をして蓄財に取り組むぞ!と考えたら、まずは夜型ライフから朝方種類生活にすることがヒントでもあります!

夜にどれだけ起きて取り組みをしても、電気代やら余計な夜食金やWEB買い物金が増えるだけだし、
体のメロディーまで崩れてしまうだけでもあるので害はあっても見返りは一種もないのです。

しかし、夜更け敢然と早寝をして明け方目覚めるライフを続けると、そんな無駄な金は発生してきたりはしません!

本業のプロたちは実は朝方種類人間ばかりだと、どっかの本やらにも載っていたので、やっぱり早寝早起きは減額
&預貯金には大きな意味があるのかもしれません!

暗くなると休み、朝日とともに取り組みを始めると、頭も活性化されて元気なので、どんどん良し思案用途にも達する
ようで、財も敢然と長所に負けず貯まる筈なのです!

夜にフードを摂るだけでもおなかに邪魔はでてしまうものです。

夜は素早く寝て朝方は早く起きて敢然とご飯を食べて行動する企画が予め昔からの習慣だったり
するので、遺伝子的にもその方が成功するように出来ているのでしょうね。

なので、ダメをし続けて夜行性かのようなライフをするのではなくて、敢然と短く寝て内的・肉体的に
も整えて減額&預貯金に励みたいものです。


貯蓄をするには1日単位で予算を立てる

500円玉貯金の成功率アップ

今月の小遣いまたは光熱費などを差し引いた生活費を千円札に両替して、札入れにいれます。札入れの金額を日数で割、1日目分を毎日利用する財布に入れます。1日必要な金額をお札でお財布にいれます。不安なら1万円は予備費として両替せずに財布に入れておきます。

支払いは千円札か500円玉以外で支払います。釣り銭の500円玉は使いません。次もお札か500円玉以外の金種で支払います。帰宅したら財布に残った500円は貯金箱にいれます。他の小銭は別の箱にいれます。毎日くり返します。500円玉は絶対に使いませんが、箱に溜まった小銭は月末近くに千円札が不足してきたら毎日使う金額に札と小銭を入れます。

1日2000円で予算を組んだとしたら、はじめはお札二枚を財布に入れます。小銭が溜まってきたらお札一枚と、小銭1000円分を財布にいれます。残った500円玉が貯金になります。

生活費は日割りにする。絶対に500円玉は使わない。ルールはそれだけです。休日分も日割りとして入っていますから、休日使わないで我慢するだけで、翌日財布には浮いた1000札が繰り越されます。1日我慢すればゆとりが出来ます。日割りですから、本来ゆとりがある月初の段階で我慢して、毎日の生活費にゆとりがでるように頑張ります。お財布に千円札が残り新たにその日の生活費を足すのですから、苦しのは月初だけです。月末に残った千円札も貯金します。

翌月は、またお財布にはその日の生活費だけからスタートします。1日500円玉一枚残れば、月に1万5000円、年間は? プラス浮いたお札?毎日無理なくためて、年間になると驚きの節約をしていたことになります。

引きだも出来ます。ただし500円は使わない。必ず残ります。


通帳記入による「見える化」

貯蓄するにあたって、収入や支出の見える化が大切だと思います。

そこで、通帳で簡単な「見える化」をご紹介します。

まず、給料が振り込まれる口座と貯金する口座を分ける事を提案します。

給料の振り込み口座と貯金の口座が一緒だと、ぱっと見で貯金額がわからなくなってしまうからです。

また、通帳記入はこまめに行ないましょう。
給料が振り込まれた時、引き出した額、常に最新の状態にしておいて、どう言う流れで、現在の口座の残金はいくらか把握しておきましょう。

しかし、ただ通帳記入をしても、後で見返した時に、どうして引き出したか等がわからなくなってしまい、通帳記入の意味がありません。
給料や引き落としの際は、コメントが入っているのでわかりますが、自ら引き出した分は、空欄になってしまいます。

よって、自分で引き出した分はあとから自分で記入しておきましょう。
大雑把でいいと思います。「生活費」や「旅行代」、「お祝儀代」等、どういった用途で引き出したか、同じ行の空いている所に記入してみましょう。

記入はシャーペンや鉛筆以外で行ないましょう。以前、鉛筆で記入した所、通帳記入ができなくなって、窓口に行く羽目になりました。
なんでも、鉛筆等に含まれる成分が通帳の磁気不良を起こしてしまう事があるようです。なので、私は水性ペンで記入しています。

通帳に記入して見返す事で、今月は先月に比べて生活費が多いなとか、今月は結婚式があったから出費が多かった等、一目でわかるようになります。

支出の見直しの際に、通帳記入を役立ててみてはいかがでしょうか。


無駄をなくそう!ティッシュを節約する方法!

節約をするということは、無駄をなくすことだと思います。一日の中で何度も使うものがティッシュペーパーです。
鼻をかんだり、口を拭いたり、ちょっと汚れを拭きとったりと使い方も様々ですが、使う割合に対してティッシュの面積が広い時があります。
もったいないと思っていても、使用したティッシュを取っておくのは見た目も衛生的にも悪いです。
これを節約につなげるにはと調べたところ、ティッシュを半分に切る方法を見つけました。
箱から取り出し、ハサミで束を半分に切るだけでいいのです。
箱も半分のサイズに加工したり、100円ショップで売られているポケットティッシュ用のケースに入れるなどすると見た目も違和感がありません。

ただし、ティッシュを切るのが少し手間がかかってしまいます。
ちょっと乱暴に扱うと破れてしまうし、一度に切れる量も多くはありません。
ですが、半分サイズのティッシュでも問題なく使えるのです。
初めは使い勝手が悪いと感じるかもしれませんが、すぐになれてしまいます。
このティッシュを使うようになると、ティッシュを無駄に使っていたと感じるようになります。

ティッシュを切る手間を考えると半分で十分ですが、節約をする人の中には、3等分して使用している人もいるんです。
また、きっちり半分ではなく、1/3と2/3という切り方も良いかもしれません。
工夫する楽しみがあるのが節約の面白いところです。


今日からでも始められる、簡単な節約方法

節約と聞くと、欲しいものやしたいことなどを我慢するというイメージはありませんか。

しかし、我慢はせずに少し工夫するだけで節約できる方法もたくさんあります。

今回はその中から厳選した二つの節約方法をお伝えします。

一つ目は、買い物の支払いにLINEPayカードを利用することです。

LINEPayカードとは、JCBのクレジットカードが使えるお店で支払いに使う事が出来る、チャージ式プリペイドカードです。

LINEPayカードは、100円使用するたびに2ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、支払い残高にチャージしたりLINEスタンプなどを買ったりすることができますので、2%割引と同じぐらいの価値があります。

もしも、1カ月5万円の支払いをLINEPayカードで行えば、毎月1000ポイント貰えますので、これだけで1年間で1万円以上の節約になります。

二つ目は、電力会社の見直しをすることです。

電力自由化が開始されて1年以上が経過していますが、まだ見直しをされていない方のほうが大多数です。

電力会社の切り替え手続きは面倒というイメージを持たれている方も多いようです。

しかし、一度手続きをするだけで、同じように使用していても電気代が安くなるのです。

携帯会社とセットで割引になる会社もありますので、一度電力会社の見直しをされることをお勧めします。


節約や貯蓄は家計簿が必ず必要ですね

結婚してからずっと家計簿をつけています。もう20年です。最初はノートに書いていました。次は書店で家計簿を買ってつけていました。次はエクセルで自分で作ってつけていました。
今はスマホで管理しています。私の家計簿は予算をたてることです。そして固定費、流動費にわけて計算します。固定費とは決まって毎月支払うお金です。
たとえば、住宅ローン、車のローン、など変動しないものです。流動費は光熱費や食費など毎月変わっていくものです。まず収入から固定費をひいて残りを計算します。
その残りでやりくりしていくのです。やりくりも予算をきちんと立てて計算します。特別な費用はボーナスで支払うので毎月の家計簿には反映しないようにします。

変動費は、食費、光熱費、通信費、雑費、子供費、ガソリンなどです。これを毎日必ずレシートを見てスマホに入力していきます。
あと残りの残高がいくらあるかわかるので、切りつめていこうとか考えるようになりますよね。一番、大変なのは食費です。見切り品を使ったり業務スーパーで買ったりして底値をチェックして買い物もします。
基本ストックはしません。今は激安スーパーがあるのでそこを冷蔵庫変わりとして使っています。これで1千万円貯金しマイホームをゲットしました。


節約の師匠

家屋は、20階層周辺前、ピッタリバブルがはじけた頃に、父親が脱サラして乏しい商売を始めました。
兼ね合い裕福な家庭で育った俺は、はじめの時は依然として若かったこともあり、断じて儲からなくてもどうも貧困ごっこをしているような呑気な心持ちでおりました。
ところが、二人のお子さんが受験するようになったあたりから、果たしてすきが無くなってきたのです。
その時に、たまたま学生時代の友達のうちに遊戯に行って、感動が落ちました。
主人もまた、元々は裕福なお嬢様だったのですが、その生涯はちゃんと質素で驚きました。
御亭主は公務員で、そこまでやる義務はなかったものの、おそろしいカットをしていたのです。
前もって、召し上がる容積が小さく、ご家中スマートでした。
四個人引き取り手の食費は3万円で治める。うちは、おんなじ4個人家族でその3ダブルくらい使っていたのです。
安いものを組み合わせて工夫して料理する。エースを貰う。暖房もきっと入れない。テレビも決して見ない。お衣裳は、お下がりを活用する。クルマも軽。それでいて、階層に一度はご家族で海外周遊に出かけていました。うまくお得に行ってました。そして、最適うちまで建て、ちびっこを留学までさせたのです。
それから、私も悔悛し、近隣を師匠と呼んで見習うようになりました。
強敵根気が入りますが、日々精進と思ってカットを意識しています。