ポイントで節電を徹底する友達に感心します

私の仲よしに徹底的に地点を活用し、縮減に徹する者が居ます。その仲よしは、クレジットで引き落とせる所はクレジットで払い地点をためる片方、多くの地点カードも保持し、ダブルで地点を獲得する事態にも熱心だ。
通年に300万円を払うとすれば、その1~2パーセントは確実に地点フィードバックもらい、5万円階級をゲットしています。これは自分の払い出し分け前で、その他にも、打ち上げでは進んでディレクターを努め、軒並みから元金を揃え、お売り場への払い出しはクレジットで払い、他人の使った分け前も自分の地点としてゲットするほどだ。
あんな縮減を何年もしていると、その他にもお得な地点ノウハウを何かと知っていて、毎年の肉親旅立ちはそのポイントで得た料金で楽しんでいるとの事です。見た目ケチ臭いと思われますが、そこまで履行すれば、びっくりに値するとおもうほどだ。
そんな地点信者は何かと策する必要があり、さぞや手狭だろうと思うのですが、慣れれば通常とのぼるようで、とっても気を使って地点継続を意識している振りも無く、極自然に映るほど、身に付いているようです。
当人曰く、定番貯蓄の利率が0.01パーセント階級、定期でも0.5パーセントも弱い中で、1パーセントや2パーセントと勝てるのだから、とめる人の気が知れないとの事なのです。言われれば、確かにそうですが、とにかくノンプロにはスゴイできない縮減仕方だネ。

1円「節約」よりも1円「稼ぐ」が貯蓄の近道
食費の節約方法