意外と貯まる、500円玉貯金

貯金をするために、給料から一定額をあらかじめのけて貯蓄に回す、という方法以外で私が効果があった!と思うのは500円玉貯金です。

元々、貯金に回しているお金があるので、残されたお金で一月の生活をするわけですが、その中から出来るだけ貯金額を増やそうという作戦です。

まず、500円玉貯金用に簡単に開けられない貯金箱を用意して、後はひたすら500円玉をもらえるように買い物の時も計算してお金を出し、500円玉が財布の中にあったら貯金箱に入れていくだけです。

これはゲーム性があって、500円玉をもらうためにおつりの額を計算するのも楽しくて、私にはあっていました。

500円玉用の貯金箱がいっぱいになったら貯金箱を開けるのですが、私は最初の半年で7万ほど貯められました。

すると、次の貯金を始めるわけですが、ここでもちょっと一工夫をしました。

それは、貯めた半額のお金を使ってしまうことです。

500円玉貯金をしていると、普段より一月約1万円少ない額で生活しているので、月末はかなりお財布事情が厳しくなっていて、節約もたくさんしていました。

そこで、そのストレスを発散するために、どかんと大きい物を買いました。

そして、残り半額はもちろん貯金へ。

こうして今でも少しずつですが、500円玉貯金をしています。

時期は決めていなくて、貯金箱がいっぱいになるまでですが、数ヶ月に一回ずつおおきなお金を使うことの楽しみもあります。

私のお勧めの節約方法です。

スーパーで安くなった商品を買うと1ヶ月9千円の節約に
家計簿をつけ続けることができるという才能