節約食材をモリモリ食べましょう

節約を考えた時にまずは食費を削減しようと思う方も多いと思います。とは言え、極端に減らせば食費は浮きますが、栄養面も傾くので無理しない程度で努めたいものです。まずはいつも一定の価格で購入することができる、もやしを使ったメニューです。

もやしをたくさん茹でて薄味で整えればナムルが出来上がります。また、もやしと豆苗を茹でてツナで和えれば簡単サラダが完成します。ちくわは、青さとマヨネーズと和えてフライパンで焼けば磯辺焼きになりますし、お好み焼きやたこ焼きをお肉かわりに加えてもおいしく仕上がります。

こんにゃくも色々なメニューに活躍する食材のひとつです。煮物、きんぴら炒め、冷凍をすることで食感の変化を楽しむこともできます。とうふは、鶏肉と混ぜ合わせて油で揚げればヘルシーなナゲットになりますし、ホットケーキミックスを使ってとうふドーナツも作ることができます。

わが家のオススメスイーツが、豆腐を使ったティラミスです。とうふとマスカルポーネチーズ、カステラ、コーヒーなどを準備するだけで、カロリーオフの簡単スイーツが完成します。家族出迎える記念日に、来客時のおもてなしの際にも簡単に作ることができる節約レシピが活躍しています。


家計簿をつけ続けることができるという才能

貯金をするためにはまずは現在の家計の収支を把握することが大切とよく言われます。

そのために必要なのは家計簿ですよね。最近は様々な工夫がこらされた家計簿が販売されていますし、スマートフォンのアプリも豊富にそろっています。

しかし、今まで何度か家計簿をつけることにチャレンジしてきましたが、どうしても続きません。

せいぜい1週間、ひどい時には3日坊主にもなりません。

とにかく面倒なんですよね。買い物をする都度家計簿をつけるのが。

なんで他の皆さんはあんなに続くのか不思議で仕方がありません。

毎日家計簿をつける、というだけでも面倒ですし、何よりもその買った物の項目が何なのか、すごく悩んでしまって全然進まないのです。

これは食費には入るのか、それとも嗜好品になるのか、いちいち悩んでしまうし、1つの店で買った物をそんな風に項目分けして計算しなおすのが面倒です。

そこまで細かくつけなければいいのでしょうが、私は面倒くさがりな反面、意外と細かくて完璧主義者なところがあり、「ざっくり」ができないのです。それが続かない理由なんだと思います。

仕方がないので家計簿をつけるのはあきらめ、現在やっているのは1か月でつかっていいお金を一括で銀行からおろしてきて全部財布にいれておくという方法です。

これならどれくらい使ったか、どれだけ残っているかが一目瞭然ですし、何より何の手間もかかりません。

家計簿をつけることができる人って、その几帳面さをもっているというだけでお金が貯まるんじゃないかと思います。


意外と貯まる、500円玉貯金

貯金をするために、給料から一定額をあらかじめのけて貯蓄に回す、という方法以外で私が効果があった!と思うのは500円玉貯金です。

元々、貯金に回しているお金があるので、残されたお金で一月の生活をするわけですが、その中から出来るだけ貯金額を増やそうという作戦です。

まず、500円玉貯金用に簡単に開けられない貯金箱を用意して、後はひたすら500円玉をもらえるように買い物の時も計算してお金を出し、500円玉が財布の中にあったら貯金箱に入れていくだけです。

これはゲーム性があって、500円玉をもらうためにおつりの額を計算するのも楽しくて、私にはあっていました。

500円玉用の貯金箱がいっぱいになったら貯金箱を開けるのですが、私は最初の半年で7万ほど貯められました。

すると、次の貯金を始めるわけですが、ここでもちょっと一工夫をしました。

それは、貯めた半額のお金を使ってしまうことです。

500円玉貯金をしていると、普段より一月約1万円少ない額で生活しているので、月末はかなりお財布事情が厳しくなっていて、節約もたくさんしていました。

そこで、そのストレスを発散するために、どかんと大きい物を買いました。

そして、残り半額はもちろん貯金へ。

こうして今でも少しずつですが、500円玉貯金をしています。

時期は決めていなくて、貯金箱がいっぱいになるまでですが、数ヶ月に一回ずつおおきなお金を使うことの楽しみもあります。

私のお勧めの節約方法です。


スーパーで安くなった商品を買うと1ヶ月9千円の節約に

今日の昼食はカップ焼きそばでした。これは2日前にスーパーの特価で、通常149円税込みであるモノが105円税込みとお安くなっていたものです。

1個当たり44円安くなっていましたので4個買いました。底値は幾らか解りませんが4個で176円安くなりました。

カップ焼きそばやカップ麺はだいたい安くなる時が解るのですが、最近は欲しい出汁が高くてちょっと手が出ません。

グルメスーパーが扱うようなだしつゆは1リットルで900円近くになっていて高値で推移しています。

昔は特売なら700円代で買えていたものが中々価格が下がらないのです。

原料代が高くなったのか人件費が高いのかわかりませんが仕方なく見送って他の安い商品を買う事になりました。

出汁と醤油はやはり和食には欠かせないもので、どうしても買う事になります。

塩分の多い少ないは見るようにしていますが、基本的に長期で保存する事が出来るものはもう少し安くしてもらえればと思ってしまいます。

そして和風つながりで、三色団子やみたらし団子も見ましたがなかなか半額にはなりません。

何時頃になれば安くなるか見ていても一向に値段が下がらないのです。

しかし半額を見つけました。見切り品の青ネギです。本日までの見切り品でした。

50円安くなったかと思っているとポテトサラダも半額でした。

その2つを買って昼と夜の食事に使うつもりです。

約300円程節約した気分になって、やはり食べ物が安いと家計の節約に直結します。

たった300円ですが毎日の積み重ねで30日節約しておくと9000円の節約になります。この調子で節約を続けましょう。


食費の節約方法

よく毎月の固定費を見直すことが節約のカギと聞きますが、うちの場合家賃や保険などの固定費は既に見直しており節約する所が見当たりません。

あとできることと言ったら毎日必ず必要となる食費の見直しに着手しました。

共働きでゆっくりと買い物をする時間がとれないので、仕事帰りに駅近くのスーパーに寄って食材を買っていました。

なるべく数日分まとめて買うようにはしていましたが時間がない中バタバタと店内を歩いているとその日に必要なものだけをとりあえず手にとる事になり、家に帰ってきてあーあれも買うべきだったと後悔することが多々ありました。

そんなある日、自宅近くに都内では初出店となる激安スーパーがオープンしたのです。

お肉を中心にとにかく安いのです。

うちは育ちざかりの男の子供が2人、大食いの旦那もいるので、お肉が安いのは非常に助かります。

自宅から自転車ですぐの場所なので、週末にあいた時間で買い物に行けるようになりました。そして、1週間分の食材を買うようにしました。

だいたいのメニューを決めます。私は料理が苦手でレパートリーが多くありません。

ノートにメニューを書き出すほどではありませんが、月曜日は焼き魚、火曜日は肉入り野菜炒め、水曜日はうどんなどなど、メインディッシュだけでも頭にいれるだけで違います。

それをもとに買い物をすると、平日にスーパーに行く必要がなくなり、無駄なものを買う必要がなくなりました。

食材の買い物は週1回となったので、食費管理も非常に楽になりました。


ポイントで節電を徹底する友達に感心します

私の仲よしに徹底的に地点を活用し、縮減に徹する者が居ます。その仲よしは、クレジットで引き落とせる所はクレジットで払い地点をためる片方、多くの地点カードも保持し、ダブルで地点を獲得する事態にも熱心だ。
通年に300万円を払うとすれば、その1~2パーセントは確実に地点フィードバックもらい、5万円階級をゲットしています。これは自分の払い出し分け前で、その他にも、打ち上げでは進んでディレクターを努め、軒並みから元金を揃え、お売り場への払い出しはクレジットで払い、他人の使った分け前も自分の地点としてゲットするほどだ。
あんな縮減を何年もしていると、その他にもお得な地点ノウハウを何かと知っていて、毎年の肉親旅立ちはそのポイントで得た料金で楽しんでいるとの事です。見た目ケチ臭いと思われますが、そこまで履行すれば、びっくりに値するとおもうほどだ。
そんな地点信者は何かと策する必要があり、さぞや手狭だろうと思うのですが、慣れれば通常とのぼるようで、とっても気を使って地点継続を意識している振りも無く、極自然に映るほど、身に付いているようです。
当人曰く、定番貯蓄の利率が0.01パーセント階級、定期でも0.5パーセントも弱い中で、1パーセントや2パーセントと勝てるのだから、とめる人の気が知れないとの事なのです。言われれば、確かにそうですが、とにかくノンプロにはスゴイできない縮減仕方だネ。


1円「節約」よりも1円「稼ぐ」が貯蓄の近道

努力して節約しているのに全然貯蓄が増えない。そんな悩みを抱えた時に考えました。

お金を使わないだけでは貯まらない。なら本業以外で稼ごう!

定番はフリマアプリやオークションでの不用品販売ですが、それ以外にも今はスマホ1つあれば隙間時間にたくさん副業が出来ます。

例えばTwitterでよく呟く方には「不満買取センター」がおすすめです。

Twitterのように短文で不満を投稿するだけでポイントが貰え、貯まるとAmazonギフト券と交換できます。

ゲームが好きな方は「モッピー」などのポイントサイトが向いています。

集中してしっかり稼ぎたい方には、「ランサーズ」などのクラウドソーシングが一番です。

自宅等で好きな時間に依頼をこなし報酬を頂きます。

低単価のお仕事でも簡単なパソコン作業なので、数をこなすと収入になります。

素人でも気負わず挑戦できるので意外と敷居は低いです。

他にもアンケートモニターやアフィリエイト、FXなど家にいながら出来るお小遣い稼ぎは多くあるので、自分に合うもの、信頼できる会社を選択して下さい。

ケチケチしながら過ごすより1円でも稼いだ方が貯蓄は手っ取り早いです。

生活や心にも余裕がうまれるので副業は本当におすすめです。


500円貯金は有効だ!

貯金をする上で、一番簡単だと思うのは500円貯金です。

なぜなら500円貯金には、貯金と節約両方がいっぺんにできてしまうからです。

500円貯金の便利なところは、1000円札を崩した時にいつでもできるからです。

例えば、コンビニで買い物をします。

500円以上いつも使ってしまうけど500円を作ろうと思うと1000円からだす場合500円しか使わないようになりますよね。

僕はこれでコンビニでの支払いは500円以下になりました。これで節約は少しできますよね。

そして500円貯金のいいところは使ったつもりなのに溜まっているところです。

月に3万だけコンビニに使おうと決めます。その中で500円貯金をすると決めると半分の1万5000円はたまります。

3万円使ったはずなのに貯金箱に1万5000円入ってる!これは嬉しくないですか?

しかも意外と習慣化すれば楽に貯金できるんですよ。500円硬貨って目に見えたり重さを確認できるんで結構ためていくのに楽しみを覚えるんです。

普通に口座に貯金して残高を確認していくのも楽しいですがなんか味気ないので口座と別に現金で貯金する楽しみも持っておけば貯金自体がより一層楽しくなって行きますよ。


知らず知らずに貯まる方法を勧められました!

貯蓄の方法として、結婚前は使わなかった分を貯蓄していましたが、結婚するタイミングで数人から「自ら動かなくても知らず知らずのうちに貯まっていく貯蓄方法を選んだ方がいいよ」と言われました。

特に「なぜかお金が貯まらない」と言う人は絶対そうした方が良い、と。

言われた時にはそれほど実感しませんでしたが、子どもができて家計のやりくりが大変になってきてからは、その大切さを痛感するようになりました。

使っていい上限が見えていないと、贅沢しているつもりがなくても、お金をついつい使ってしまうんですよね。

貯蓄のためには日々の食事のランクや美容院の場所など、変えていかないといけないのに、つい今まで通りに生活してしまいます。

なので、我が家はきっちり貯蓄の額を決めて給与天引き、或いは郵便引き落としにしています。

企業の財形貯蓄、子ども3人分の学資保険、郵便局で子どもの結婚資金として自動積立定期貯金。

そうすると、月々使える金額がしっかり見えてきます。

また、我が家の小っちゃなルールですが「お財布に500円玉が入っていたら、それはブタの貯金箱行き」と決めています。

毎日積み重ねると、数か月で10,000円を超えます。

ブタの貯金箱にお金が溜まったら、少し贅沢な日帰り旅行をして、心に潤いを与えています(笑)


どうしてでもよろしい銀行より、近くの信金

ライブラリーで時間に任せて何やかや読んでいたら出会ったガイド。
そこには、資産を繰り返す為の技量が書かれていました。
ただし、操縦にはサッパリ興味がないので、生かせそうな智恵はほんの僅か。
その中でベスト驚きだったのは、「銀行よりも信金が良いネ!」という事柄。
信金なんて、今までのライフにおいて接点は零だ。
サロンは近所にありますが、はからずも敷居が高い傾向。

なんでも、信金は利息がおっきいのだみたい。
また、サロン独自のキャンペーンが本領みたいで、小回りが利くからめっきり親身になってくれるとも書いてありました。
だからおんなじ信金のサロンでも、ハシゴして報知をかき集めるのがうまい方策なんだとか。
そして、近い将来に月賦を組む本旨があるならば、あらかじめ「投資実利」を作っておくのが相応しいらしいです。
しかも5百万円の積み増し程度でおおはこ様準備をできるみたい。
これって、普通の銀行じゃ「並」準備に違いありません。
1千万円も預けていれば、個別様がマンションにダイレクト来て、対応して受け取るカリスマ準備になっちゃうんだとか。
悪くないですね!っていうか、非常に惹かれます。

ただしマイナスも当然のことながらあって、タスクにやけに時間が掛かるので要点がいるようです。
ま、急ぎじゃない時代を心得ておけばいいのね。
最近の苦悩は、何処かに縁故を見つけて紹介してもらう事柄。
誰か、ヘルプ・ミー!