無駄をなくそう!ティッシュを節約する方法!

節約をするということは、無駄をなくすことだと思います。一日の中で何度も使うものがティッシュペーパーです。
鼻をかんだり、口を拭いたり、ちょっと汚れを拭きとったりと使い方も様々ですが、使う割合に対してティッシュの面積が広い時があります。
もったいないと思っていても、使用したティッシュを取っておくのは見た目も衛生的にも悪いです。
これを節約につなげるにはと調べたところ、ティッシュを半分に切る方法を見つけました。
箱から取り出し、ハサミで束を半分に切るだけでいいのです。
箱も半分のサイズに加工したり、100円ショップで売られているポケットティッシュ用のケースに入れるなどすると見た目も違和感がありません。

ただし、ティッシュを切るのが少し手間がかかってしまいます。
ちょっと乱暴に扱うと破れてしまうし、一度に切れる量も多くはありません。
ですが、半分サイズのティッシュでも問題なく使えるのです。
初めは使い勝手が悪いと感じるかもしれませんが、すぐになれてしまいます。
このティッシュを使うようになると、ティッシュを無駄に使っていたと感じるようになります。

ティッシュを切る手間を考えると半分で十分ですが、節約をする人の中には、3等分して使用している人もいるんです。
また、きっちり半分ではなく、1/3と2/3という切り方も良いかもしれません。
工夫する楽しみがあるのが節約の面白いところです。


今日からでも始められる、簡単な節約方法

節約と聞くと、欲しいものやしたいことなどを我慢するというイメージはありませんか。

しかし、我慢はせずに少し工夫するだけで節約できる方法もたくさんあります。

今回はその中から厳選した二つの節約方法をお伝えします。

一つ目は、買い物の支払いにLINEPayカードを利用することです。

LINEPayカードとは、JCBのクレジットカードが使えるお店で支払いに使う事が出来る、チャージ式プリペイドカードです。

LINEPayカードは、100円使用するたびに2ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、支払い残高にチャージしたりLINEスタンプなどを買ったりすることができますので、2%割引と同じぐらいの価値があります。

もしも、1カ月5万円の支払いをLINEPayカードで行えば、毎月1000ポイント貰えますので、これだけで1年間で1万円以上の節約になります。

二つ目は、電力会社の見直しをすることです。

電力自由化が開始されて1年以上が経過していますが、まだ見直しをされていない方のほうが大多数です。

電力会社の切り替え手続きは面倒というイメージを持たれている方も多いようです。

しかし、一度手続きをするだけで、同じように使用していても電気代が安くなるのです。

携帯会社とセットで割引になる会社もありますので、一度電力会社の見直しをされることをお勧めします。


節約や貯蓄は家計簿が必ず必要ですね

結婚してからずっと家計簿をつけています。もう20年です。最初はノートに書いていました。次は書店で家計簿を買ってつけていました。次はエクセルで自分で作ってつけていました。
今はスマホで管理しています。私の家計簿は予算をたてることです。そして固定費、流動費にわけて計算します。固定費とは決まって毎月支払うお金です。
たとえば、住宅ローン、車のローン、など変動しないものです。流動費は光熱費や食費など毎月変わっていくものです。まず収入から固定費をひいて残りを計算します。
その残りでやりくりしていくのです。やりくりも予算をきちんと立てて計算します。特別な費用はボーナスで支払うので毎月の家計簿には反映しないようにします。

変動費は、食費、光熱費、通信費、雑費、子供費、ガソリンなどです。これを毎日必ずレシートを見てスマホに入力していきます。
あと残りの残高がいくらあるかわかるので、切りつめていこうとか考えるようになりますよね。一番、大変なのは食費です。見切り品を使ったり業務スーパーで買ったりして底値をチェックして買い物もします。
基本ストックはしません。今は激安スーパーがあるのでそこを冷蔵庫変わりとして使っています。これで1千万円貯金しマイホームをゲットしました。


節約の師匠

家屋は、20階層周辺前、ピッタリバブルがはじけた頃に、父親が脱サラして乏しい商売を始めました。
兼ね合い裕福な家庭で育った俺は、はじめの時は依然として若かったこともあり、断じて儲からなくてもどうも貧困ごっこをしているような呑気な心持ちでおりました。
ところが、二人のお子さんが受験するようになったあたりから、果たしてすきが無くなってきたのです。
その時に、たまたま学生時代の友達のうちに遊戯に行って、感動が落ちました。
主人もまた、元々は裕福なお嬢様だったのですが、その生涯はちゃんと質素で驚きました。
御亭主は公務員で、そこまでやる義務はなかったものの、おそろしいカットをしていたのです。
前もって、召し上がる容積が小さく、ご家中スマートでした。
四個人引き取り手の食費は3万円で治める。うちは、おんなじ4個人家族でその3ダブルくらい使っていたのです。
安いものを組み合わせて工夫して料理する。エースを貰う。暖房もきっと入れない。テレビも決して見ない。お衣裳は、お下がりを活用する。クルマも軽。それでいて、階層に一度はご家族で海外周遊に出かけていました。うまくお得に行ってました。そして、最適うちまで建て、ちびっこを留学までさせたのです。
それから、私も悔悛し、近隣を師匠と呼んで見習うようになりました。
強敵根気が入りますが、日々精進と思ってカットを意識しています。


ただの貯金より得する貯蓄を選びました

昔から貯金しなきゃとは思いつつ、なかなか貯蓄を増やせないでいました。

毎月決まった額を、貯蓄用の口座に貯めて行こうと思い貯蓄用の口座を作りましたが、公共料金や携帯代など全て同じ口座で管理していたのでやはり毎月わざわざ別口座に移すのが面倒になってしまったり忘れてしまったりで続きませんでした。

子供が出来てから、本気で貯蓄を考えて学資保険に加入しました。しかし子供の学費の為なので貯蓄しているという感覚はありませんでした。

そんな時に、学資保険に加入した保険会社からDMが送られてきて何気なく見ていると、毎月数千円が引き落とされ10年後の満期になった時に利息がついてくるという商品でした。勝手に引き落としてくれるなら、手間も掛からないし数千円なら軽く始められるかも!と思ったのと、利息が銀行の定期預金より全然多く付いてくるので、口座に入れておくよりは得だと思いました。

手続きは少し手間でしたが、一度入ればそのまま10年は勝手に貯まってくれるので楽しみになりました。

貯蓄と聞くと、銀行としか考えてなかったので偶然でしたが得な貯蓄方法が見つかって良かったなと思っています。

なかなか自分で貯金をするのは大変なので、勝手に引き落としてくれるこういった保険を利用するのもありだと思いました!


食費を切り捨ている

自分のお小遣いとして取り扱う収入は節約したくありません。しかし最近は色んなものが値上がりしてしまい自分のお気に入りもどうも購入できなくなってしまいました。
最初は我慢して自分の好きなものを購入しないようにコストダウン生活をしていたのですが、そのコストダウンは自身に向いていなかったようでとてもプレッシャーになりました。
しかしどっか節約しないとお金がきつくなってしまう。
ですので自身は、自分の我慢できる費用を考えて食費を切り詰めることにしました。
元々食にそれだけ興味がないことと、今どき年代のせいかお肉を食べたくなくなってきたのでそこの部分でコストダウンを開始しました。
野菜は、近所の上級で週間に一括払い低い場合がありますのでそのときに山盛り購入します。
ゆでて冷凍で耐久行えるものは耐久し、早めに食べておかなければならないものはなるべく短くメンテナンス行う。
最近はおからを購入してきて毎日のように食べています。少量でお腹いっぱいになりますし、安く購入できます。
今まで適当に食べていた内よりも栄養素が偏らず、具合もよくなってきました。
コストダウンしようと憧れ言い訳努力をするよりも、健康のためにと思いながら適度に節約するほうが貫くようです。
今まで自分食費三万円かかっていたのが、最近は一月で二万円以内に鎮まるようになってきました。


日器機費を燃やす要領

太陽装備増える現金を節約するには次のような技術があります。

歯磨き粉
最後にチューブを切って使います。最低でも4回分ほどり利用できます。

ティッシュ
器物無しの人間が安くておすすめです。ビニールのメニューの通りつかってもいいですし、お気に入りのティッシュケースにうれてもいいでしょう。器物をすてるエネルギーが減りますし、エコだ。

キッンペーパー
天ぷらをするときはマキシマム冒頭だけキッチン紙を利用して、下にチラシや新聞紙を敷きましょう。少ない体積で天ぷらができます。

シャンプー・リンス
詰め替えカリキュラムをただただ来れる人間のボトルがオススメです。詰め替えるエネルギーがはぶけますし、消え去りみたいになったら開けてカリキュラムに水を入れてすすぎながら無くなることができます。無用がありません。

乾電池
充電がやれるタイプを購入しましょう。長い目で見るとカットになり、もう一度買いに行くエネルギーを取り除くことができます。

太陽装備費は少し見方を置き換えるだけでカットこなせるものがたくさんあります。必ず参考にしてください。
ラップ
ラップを扱うのは最小限にして、範囲で助かるふたを購入しましょう。100円職場などでも販売しています。繰り返し使えて便利です。埃も出ないのでエコだ。

食器専用洗剤
洗い桶に水をためて汚れを浮かせます。100円sy


金券ところを上手に利用しよう!

金券店頭って、こういう数年、全く増えてきましたよね。こちらは、更に10歳近辺、上手に利用させていただいています。若い頃は、おみやげ切手を収集する嗜好があって、古切手市などで、二割増くらいの高値で、おみやげ切手を買ったり、いまだに流行り始めた内の競売ウェブで、多額代金で、おみやげ切手を落札していました。しかし、ある日、金券店頭に行くと、昔の古くさい、おみやげ切手が、費用通りですが、定価で売られていました。「そんなことでどうしたの?」っておっしゃるかもですが、古切手市などでは、二割増くらいの額で売られているものが、金券店頭だと元値だという衝撃を受けました。

そしてもうすぐがそれぞれへの本題ですが、普通のおみやげ切手ではなく、定型切手や、定型レターは、費用より、わずかですが、安く売られていることが多いのですね。例えば、より言うと、かもめーるや、年賀状レターなどは、季節限定のものですから、シーズンが過ぎると(と言うより、過ぎて仕舞う前にも安くなることもあります)費用より、5円ほど割安なこともあるのです。懸賞などに応募するときは、こういうチープレターにお世話になっています。ですが、金券店頭も、チープばかりではありません。こちらは、藤四郎のときは、金券店頭で新幹線旅行を近距離はしていましたが、近頃は、新幹線は、旅館とコースになっているとどっさり安っぽいコースがあります。そのときばかりは、もっと金券店頭に世話にならなくなりました。金券店頭と上手に付き合っていきたいですね。そうですね、いまだとテレホンカードが安くてタイミングだ。パブリック呼び出しはなくなりませんから、テレフォンとダブルで使うとお得ですよ。お家の確定呼び出しに「舞い戻るよ」などと賭けるときは、テレホンカードのほうが、お得です。


利益作成は長くをかけてのほほんとするのが特別

一般的な銀行や郵便局の定期蓄財などではスゴイお金が貯まらず、財産が増えて行かないので、財産を繰り返すためにはある程度の
恐怖決断で運営を行うのも一考かと思います。
ブラックマンデーやリーマンビックリなどの大波をまともに受けないように、同時に大きな運営を行うのでなくて、恐怖を
管理できるように、月均等に投資するのが良いと思います。年俸の中から月10000円・3万円・5万円など出来る範囲で積み立て
て出向く。支払があって赤字のひと月も預貯金から崩して積み立ては継続して休まずせっせとやるのが良いです。
運営要請や株式も積み立てで運営出来ます。純金積み立てもあります。とも数千円の少額から出来るので気軽に打ち込む
事が出来ます。
1987カテゴリー10ひと月のブラックマンデーの時は、アメリカのダウは一日で22%も下落しましたが、今は当時の8ダブルほどに値上がりしてある。
リーマンビックリから日経規準株価は7000円ほどまで下落しましたが今は2万円ほどまで回復しました。大きな下げにも狼狽売りを
しないで、仕事で稼ぎながら積み立てをせっせと続けていれば財産が増えていた可能性が高いです。
運営要請は、国内や海外の株や債券、不動産などに間接系統に運営出来ます。トレードを熟練に割り付けることが出来るのが特徴です。円安に
なると為替差益も大きいです。
株は最高株に積み立て投資をすると、カテゴリー2-3%の配当が見込めるし、長い期間の間には株式分類などで株をただでくれたりも決める。
財産の一門を金額で持っていると、好景気や有事の際には頑張る時があるのでこれも積立で堅持値段を下げながら投資しておきたいです。
積立は日々の乱高下に一喜一憂せず、営業行って知らず知らずに財産を増やせる地番着実な通路ではないかと思います。


情報集めがカギになる節約生活を快適にする方法

節約生活にはよく利用する百貨店やスーパーの「お得意様カード」は必須です。

「友の会」みたいな積み立て式のプログラムが銀行預金よりもお得だというのは有名です。

お得意様カード・メンバーズカードには目に見えるお得感はありませんが、上手に利用すればいろんな節約対策になります。

まず、お店のバーゲン情報などがメールなどで送られてきますから、大きな買い物をするときなどにはありがたいです。

私が利用するショッピングセンターはメンバーズカードがあればシャトルバスを利用することができます。

一応まだ無料なので、通常のバス代と同じ額を「小銭貯金箱」に入れることにしています。

お得意様カードを持っていると駐車場の利用料金がゼロになったり、駐車場利用時間の延長も無料でできたりして重宝しています。

もちろんお店の使い分けは必須です。

わが家では幸い3つのスーパーにアクセスすることができるので、「食料品」「日用品」など目的のものによって行先を替えています。

バスを利用しないときにはバイクか自転車が基本です。

もちろん自転車利用のときはバス代相当の金額を貯金箱にいれます。

金額は小さいのですが、貯金箱が重くなってくると「貯金箱にお金を入れる」という行為が楽しくなります。

だから自転車利用が苦にならなくなるのがミソです。

各お店のお買い得情報や会員カードの特典などの情報はホームページにもありますが、チラシなども注目です。

同じお店を利用する友達同士、情報交換をすると自分が知らなかったこともカバーすることができます。

バスや電車を利用するときには吊り広告もきちんとチェックしましょう。

結構面白い情報がリアルタイムでゲットできます。

節約生活をうまく続けるコツは「目先の小銭を節約することが目的ではない」とすることだと思います。

時には時間を節約するためにお金を使うほうが賢いこともあります。

ですから節約生活は毎日の無駄を省く方法だと考えるほうが長続きしやすいかなと考えています。