日々とても簡単にできるおすすめの節約術

節約をしようと思ったとき、様々な方法があるかと思います。

私も過去に色々と試してみましたが、正直なかなか続かないものです。

家計簿をつけてみたこともあります。

日々のお金の計算はとても面倒で、当然ながら私は続きませんでした。

ある日、ふと立ち寄った本屋さんで「簡単にできる レシートを張るだけの家計簿」というような家計簿を見つけ買ってみました。

「貼るだけで合計金額を足していくだけだしいいかも!」と思い、その家計簿を購入しました。

お買い物をしたらレシートを必ず貰うようにし、毎日しっかりと貼っていきました。

面倒くさがりな私は、レシートを貼る手間を減らすために買い物する事も減っていき、ある意味それが節約にも繋がりました。

そして数か月程経ちました。

レシートを張ることすら出来なかった自分がいました。

もはや私に節約なんて無理・・。

そう思いました。

しかしそんなある日、友人からものすごくシンプルなのに効果的な方法を聞きました。

毎日500円玉が出来たら貯金箱に入れる。

ただこれだけです。

何の計算も必要ありません。

家に帰ったらまず500円玉を貯金箱に入れる。

毎日貯金箱が重たくなっていくのが楽しみに変わっていく。

友人はこの方法で一年間に数十万の貯金が出来たそうです。

まねる価値がありそうです。

少し大きめの底の開かない貯金箱を私も買ってみようと思います。


軽減&ストックを成功させるためには朝等級家計が必須です!

財の減額をして蓄財に取り組むぞ!と考えたら、まずは夜型ライフから朝方種類生活にすることがヒントでもあります!

夜にどれだけ起きて取り組みをしても、電気代やら余計な夜食金やWEB買い物金が増えるだけだし、
体のメロディーまで崩れてしまうだけでもあるので害はあっても見返りは一種もないのです。

しかし、夜更け敢然と早寝をして明け方目覚めるライフを続けると、そんな無駄な金は発生してきたりはしません!

本業のプロたちは実は朝方種類人間ばかりだと、どっかの本やらにも載っていたので、やっぱり早寝早起きは減額
&預貯金には大きな意味があるのかもしれません!

暗くなると休み、朝日とともに取り組みを始めると、頭も活性化されて元気なので、どんどん良し思案用途にも達する
ようで、財も敢然と長所に負けず貯まる筈なのです!

夜にフードを摂るだけでもおなかに邪魔はでてしまうものです。

夜は素早く寝て朝方は早く起きて敢然とご飯を食べて行動する企画が予め昔からの習慣だったり
するので、遺伝子的にもその方が成功するように出来ているのでしょうね。

なので、ダメをし続けて夜行性かのようなライフをするのではなくて、敢然と短く寝て内的・肉体的に
も整えて減額&預貯金に励みたいものです。


貯蓄をするには1日単位で予算を立てる

500円玉貯金の成功率アップ

今月の小遣いまたは光熱費などを差し引いた生活費を千円札に両替して、札入れにいれます。札入れの金額を日数で割、1日目分を毎日利用する財布に入れます。1日必要な金額をお札でお財布にいれます。不安なら1万円は予備費として両替せずに財布に入れておきます。

支払いは千円札か500円玉以外で支払います。釣り銭の500円玉は使いません。次もお札か500円玉以外の金種で支払います。帰宅したら財布に残った500円は貯金箱にいれます。他の小銭は別の箱にいれます。毎日くり返します。500円玉は絶対に使いませんが、箱に溜まった小銭は月末近くに千円札が不足してきたら毎日使う金額に札と小銭を入れます。

1日2000円で予算を組んだとしたら、はじめはお札二枚を財布に入れます。小銭が溜まってきたらお札一枚と、小銭1000円分を財布にいれます。残った500円玉が貯金になります。

生活費は日割りにする。絶対に500円玉は使わない。ルールはそれだけです。休日分も日割りとして入っていますから、休日使わないで我慢するだけで、翌日財布には浮いた1000札が繰り越されます。1日我慢すればゆとりが出来ます。日割りですから、本来ゆとりがある月初の段階で我慢して、毎日の生活費にゆとりがでるように頑張ります。お財布に千円札が残り新たにその日の生活費を足すのですから、苦しのは月初だけです。月末に残った千円札も貯金します。

翌月は、またお財布にはその日の生活費だけからスタートします。1日500円玉一枚残れば、月に1万5000円、年間は? プラス浮いたお札?毎日無理なくためて、年間になると驚きの節約をしていたことになります。

引きだも出来ます。ただし500円は使わない。必ず残ります。