野菜を安く手に入れるのに直売先を利用する

夏季の長雨や悪化日和のために野菜が高騰していらっしゃるというマガジンを聞いたやつは多いと思います。

百貨店などの野菜コーナーを見てみても取り敢えず野菜全般にコストが高かったりして家計に対する重荷は大きいですよね、少しの暴騰も支払い税金の増税もありなかなか影響があると思います。

これから寒く繋がると鍋物が喜ばしい瞬間、鍋物には野菜が欠かせないと思います。

そんな鍋物の瞬間に向けて野菜をいよいよ安く手に入れたい、そして多少なりとも節約するためにはどうすれば良いのか、それは直売場所などを利用することです。

直売所は農家からストレート仕入れていたり、農家の方々がじかに販売している結果、仲立業務を通す百貨店などに比べると圧倒的に安っぽいのがプロパティ。

そして、直売場所の中には「規格外野菜」を販売している場所もあります。

規格外野菜とは肩書きの表通り、販売するスペックに合っていない結果原則廃棄患う野菜のことです。
規格外と言っても腐っていたりやるわけではなく、体裁が少々歪んでいたり、がたい系統に小さかったり、逆に大き過ぎたり始める野菜のことです。

見た目は確かに販売されている野菜に見比べますと見劣りしますが、テーストはまったく問題ない、これらの野菜は販売されているスペック一環の野菜に比べてプライスがなんとも安くなっております。

直売場所を上手に利用するだけで家計はいとも頑張るはずです、とにかく上手に実践を下さい。


節約をする前に、自分の生活レベルを疑ってみてください。

本屋へ行けば、どこもかしこも「コスパ」や「節約」等、いかにしてお金を使わないようにすれば良いかという本が踊ります。

そもそも低賃金で働いている人も多く、残業をしてもいわゆる「サービス残業」でお給料に反映されないこともしばしば。

低金利のこの時代、銀行に預けてもお金は増えませんし、資産運用に手を出そうとする人もいるでしょう。

そして節約本に書かれていることをそのまま実行したはいいものの中々出費が減らない、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

節約や資産運用の前にまず大切なことを忘れている人が多いのです。

それは、自分が身の丈に合ったお金の使い方をしているのか、という点です。

つまり、そもそもの生活レベルが適切なものであるのかどうかを確認しなければいけません。

例えば、週に二度外食へ行っているとしましょう。

それを週に一度にすれば、週に二度外食をするよりは確実に出費は減ります。

しかし、その一回の外食にかけるお金がどれくらいになるのか、というのは考えたことがあるでしょうか?

その一度の外食がファーストフード店やファミリーレストランなら2000円程度だとしても、

おしゃれな個人経営のレストランやホテルのレストランなら4000円では足りないかもしれません。

これでは、週に二度ファミレスへ行くのと、週に一度おしゃれなレストランへ行くのが同じ金額になってしまいます。

節約をしているのにどうしてかお金が貯まらないと思っている人は、まず自分の生活レベルを落としてみることを考えてみませんか?

自分では「普通」だと思っていたことも、実は身の丈に合っていないことに気づくかもしれませんよ。