我が家の預貯金について

預貯金は増やしたいけれど、ストイックに一生を削るのはキツイ。
疼痛を伴わずにコストダウンやれることはないかなと考え、できそうな事を何だかんだ洗い出してみました。その中で、子の学費保険については、いくつか不要をぶち壊すことができました。
 まずは、毎月払いをご時世支払いにすること。これで消費合計が月に約700円お徳になりました。再度、特約も解約しました。古臭い保険なので入院しても5太陽目からしか保険が下りないもので、実際にはあってもあんまり役に立たない産物だったのです。その代わりに解除した特約とおんなじ価格で、共済のもう充実した保険に入りました。
 うちには子が両者いるので、コストダウン作用としては月収約1400円、1ご時世では16800円にもなりました! 何ともチリも積もれば、ですね。 節約しつつ、浮いた元金で一層充実した保険に入ることができて、大きな真実味を手に入れることができました。
 掛け金のような月収決まって出歩くものを見直すときは、金融機関にいくなど順番がちょっぴり面倒ですが、その後は何のわずらわしさもなくコストダウンを継続することができます。
 ただし、ご時世支払いにするには、少々まとまった金額が必要になってきます。すぐに用意するのは一大ので、計画を立てて貯めていくことが大事です。


普段の生活の中での節約について

節約すると言っても色々あります。手軽で誰でも節約しやすいのは食費ですね。外食を減らして自炊によって費用を抑えたり、時間があるならばタイムセールを狙って安く品物を手に入れることも出来ます。しかし仕事で忙しい方にはなかなか出来なかったりします。

また、食費を抑えることばかり考えてしまうとどうしても貧相な食事になり健康面で悪影響を起こすことがあります。病気になって治療費がかかってしまって意味がありません。そのため、無理をせずここは無駄だなと感じるところだけを少しずつ減らしていくことで多少なり節約することが出来ます。

他の節約として代表的なものに光熱費の節約があります。普段の生活で電気の使用時間を減らすなどももちろん有効ですがアンペア契約の見直しも有効だったりします。当初はこのくらい使うだろうと少し高めの契約をしていたが最近の使用量をみるとここまで必要ではなかったということがたまにあります。

アンペア契約に限らず様々な契約を見直す事は大事です。どこかに必ずと言っていいほど無駄があるものなので。しかし契約に関しては自分でどれが無駄な契約なのかを判断するのは難しいですよね。様々な会社の情報を収集して比較していくしかないので大変です。

ショップなどで相談しても必ずしも最適解を提示する訳では無いので地道な情報収集しか無いですが、この努力が大きな節約を生むので節約を本気で考えてる方は大変ですが様々な契約の見直しをお勧めします。


アンケートサイトで稼いでいます

ふと思いました。お小遣いが欲しいと。働いている身なので給料は頂いています。ですが、それだけでは生活していくには不十分です。そもそも給料は月に一回しかありません。せめて少額でも良いので稼げる方法は無いのでしょうか。

わたしが目をつけたのはアンケートサイトです。アンケートに答えることで謝礼がもらえます。最初は半信半疑でした。本当に振り込んでもらえるのか。個人情報を騙し盗られるのでは。ですが疑ってばかりいても始まりません。

口コミサイトで評判を確認して、安全だと判断したサイトにのみ登録しました。最初のうちこそアンケートは少ないのですが、こなしていくうちに数も増えていきます。強制では無いので気軽にできますよ。

わたしは一ヶ月に1000円ほどの収入を得ています。少なく感じるかも知れませんが、たった1000円でも、有りと無しでは大きな差があります。アンケートは匿名なので個人情報が漏れる心配もありません。

アンケートに答えるだけですから、学生さんにも出来ます。親にお小遣いをねだるのも良いですが、自分で稼いでみるのも社会勉強になるかも知れませんね。愛用しているイヤホンの調子が悪くなってきたので、買い替えるために貯蓄中です。