500円貯金は有効だ!

貯金をする上で、一番簡単だと思うのは500円貯金です。

なぜなら500円貯金には、貯金と節約両方がいっぺんにできてしまうからです。

500円貯金の便利なところは、1000円札を崩した時にいつでもできるからです。

例えば、コンビニで買い物をします。

500円以上いつも使ってしまうけど500円を作ろうと思うと1000円からだす場合500円しか使わないようになりますよね。

僕はこれでコンビニでの支払いは500円以下になりました。これで節約は少しできますよね。

そして500円貯金のいいところは使ったつもりなのに溜まっているところです。

月に3万だけコンビニに使おうと決めます。その中で500円貯金をすると決めると半分の1万5000円はたまります。

3万円使ったはずなのに貯金箱に1万5000円入ってる!これは嬉しくないですか?

しかも意外と習慣化すれば楽に貯金できるんですよ。500円硬貨って目に見えたり重さを確認できるんで結構ためていくのに楽しみを覚えるんです。

普通に口座に貯金して残高を確認していくのも楽しいですがなんか味気ないので口座と別に現金で貯金する楽しみも持っておけば貯金自体がより一層楽しくなって行きますよ。


知らず知らずに貯まる方法を勧められました!

貯蓄の方法として、結婚前は使わなかった分を貯蓄していましたが、結婚するタイミングで数人から「自ら動かなくても知らず知らずのうちに貯まっていく貯蓄方法を選んだ方がいいよ」と言われました。

特に「なぜかお金が貯まらない」と言う人は絶対そうした方が良い、と。

言われた時にはそれほど実感しませんでしたが、子どもができて家計のやりくりが大変になってきてからは、その大切さを痛感するようになりました。

使っていい上限が見えていないと、贅沢しているつもりがなくても、お金をついつい使ってしまうんですよね。

貯蓄のためには日々の食事のランクや美容院の場所など、変えていかないといけないのに、つい今まで通りに生活してしまいます。

なので、我が家はきっちり貯蓄の額を決めて給与天引き、或いは郵便引き落としにしています。

企業の財形貯蓄、子ども3人分の学資保険、郵便局で子どもの結婚資金として自動積立定期貯金。

そうすると、月々使える金額がしっかり見えてきます。

また、我が家の小っちゃなルールですが「お財布に500円玉が入っていたら、それはブタの貯金箱行き」と決めています。

毎日積み重ねると、数か月で10,000円を超えます。

ブタの貯金箱にお金が溜まったら、少し贅沢な日帰り旅行をして、心に潤いを与えています(笑)