すごい簡単にお小遣いが貯まる

皆さんは貯金していますか?

社会人のうち約40%の方は1年に25万円以上貯金しているというデータがあります。そんなにも貯金しているのに金利の低いところにお金を置いていては勿体無いですよね。

そこで今回は有効的に貯金できる方法をご紹介します!

まず貯金にはいくつかの種類があることをご存知ですか? 普通預金、定期預金、外貨預金など何種類もあります。そして銀行によっても金利や期間がことなります。

仮に月々の給与から2万円を普通預金に貯金をしてるとして、そこで10万円が貯まったとします。その10万円を普通預金に置き続けるのと定期預金や外貨預金に移すのでは得られる利子が全く異なってきます。

日本の大手銀行は金利が低いので普通預金から定期預金や外貨預金にしても雀の涙くらいにしか感じないかもしれません。ただ、ここで知っておいて欲しいのが楽天銀行やじぶん銀行などのネットバンクです。大手銀行に比べ金利がよく、コンビニなどで利用できるのでとても使いやすいです。金利もキャンペーンなどをよくしているので0.5%くらいになることもあります。

せっかく貯金をしているのであればその貯金しているお金をお得に運用し、少しでもプラスにしてみてはいかがでしょうか?

また、個人的には外貨預金をオススメします。ただ、外貨預金は定期預金よりも金利が高く設定されてますが変動が激しいのでドル安になったときに外貨預金に移してドルが高くなったら売ると価格変動を監視する必要があります。

入れておくだけではできないのが注意点です。しかしそんなにずっと画面を見続けていなくても社会情勢などから読み取ることもできるので興味がある方は是非やってみてはいかがでしょうか?


「ちりつも」精神で地道に続けています。

私はこれまで正社員として働いたことがなく、かつ1年の間で繁忙期と閑散期があり月によって収入が変わる仕事ばかりしてきました。そのため、どうしても閑散期には収入が少なくなるのでなかなか貯蓄が出来ないことに悩んでいました。

そんなときたまたま読んだ本で「収入の10%を貯金すると良い」とあったので、これなら月の収入によって無理なく続けられそうと思い早速実践してみました。閑散期・繁忙期のどんな時も毎月お給料の10%ずつ貯め、少しずつではありますが貯蓄をすることが出来ました。閑散期でも貯蓄を続けられているということが自分への自信にも繋がり、長く続けることが出来ています。

収入の10%を貯蓄していくのに慣れた今は、更に自分ルールを作り「1日100円貯金」も始めました。1日1日では微々たる金額ですが、1か月続ければ約3000円、1年続ければ36500円になります。月々の貯蓄の他に36500円も貯めることが出来るので、とてもやりがいを感じています。

収入も貯蓄額も、他の人に比べたら少ないかもしれません。ですが、大事なのは収入が少ないなりにも無理なく貯蓄出来る方法を自分なりに見つけ出し、それを続けることだと思います。「ちりつも」精神で地道にコツコツ続けるのが自分の性にも合っているので、このままこの方法での貯蓄を続けるつもりです。


中古車を買うことを考えておき

日常生活で節約して行く上では、中古車を買うということを考えておいた方が良いです。今の時代は中古車でもとても良いと思えるような車が売られていると言うことがありますしマイカーを持ちたいと考えている人でも中古車を選んでおくと良いでしょう。

ガリバーは有名なところだと思いますしガリバーで良い中古車がないか探しておくのもいいと思います。ここは有名なところなので知っている人も多いと思いますがなかなか良い車が売られていてお勧めできるところなのではないでしょうか。

そういった所から気を使っておくと節約しながら生活していくことができます。今の時代は中古車でもとても良い車が売られていますのでしっかりと探しておけば中古車でも良いものを手に入れられることができるわけです。

また行かなくてもいいようなところに外出しないように気をつけておいた方が良いでしょう。後から考えたときに別にあそこには行かなくても良かったと思うようなことあると思います。次の日に行けばその時に用が済んだと言うこともあると思うのでそのように後から考えたときに余計な手間だったと思うような事はやめたほうが良いでしょう。その分お金などもかかってしまうわけです色をつけておいた方がいいです。


先取り貯金で無理せず貯蓄

なかなか貯蓄がうまくいかない

そんな時は先取り貯金はいかかですか?

給料が出たらまずは貯金へ振り分けてしまう!

ただそれだけですが、特に我慢も必要なく貯蓄ができます。

私はそれで結婚式費用200万を3年ほどでためることができました。

それ以外にも貯蓄をしていたので、旅行や好きなものを購入するのに

困った記憶はありません。

最近では、洋服や旅行といった項目別の先取り貯金を始めました。

洋服はシーズンが変わった時に購入することが多いし、

旅行は夏に1回と小旅行ができれるくらいを目標に先取り貯金!

そうすれば洋服を買うとき、旅行に行くときは

専用の貯金があるのでその他の貯金を減らす必要はないし、

洋服のための貯金なのだから我慢することなく購入できる。

旅行も少しプラスすることになっても、大きな出費にはならいので

貯金が減る心配もなし!

共働きなら奥さんの給料はすべて貯金!

旦那さんのお給料だけで生活を回すというのも一つの手ですね。

そのほうが各自の貯金に振り分けることが可能です。

奥さんが主婦の場合でも、必要なお金を計算したうえで

各項目ごとの先取り貯金をするのがおすすめです。

先取り貯金の額を決める際は、自分が我慢しないで食べて暮らせる分を計算し

洋服や旅行などのたまの出費は先取り貯金で賄う。

そうすると今あるものを見直す機会にもなり、

不要なものをこまごま買うこともなくなります。