普段の生活の中での節約について

節約すると言っても色々あります。手軽で誰でも節約しやすいのは食費ですね。外食を減らして自炊によって費用を抑えたり、時間があるならばタイムセールを狙って安く品物を手に入れることも出来ます。しかし仕事で忙しい方にはなかなか出来なかったりします。

また、食費を抑えることばかり考えてしまうとどうしても貧相な食事になり健康面で悪影響を起こすことがあります。病気になって治療費がかかってしまって意味がありません。そのため、無理をせずここは無駄だなと感じるところだけを少しずつ減らしていくことで多少なり節約することが出来ます。

他の節約として代表的なものに光熱費の節約があります。普段の生活で電気の使用時間を減らすなどももちろん有効ですがアンペア契約の見直しも有効だったりします。当初はこのくらい使うだろうと少し高めの契約をしていたが最近の使用量をみるとここまで必要ではなかったということがたまにあります。

アンペア契約に限らず様々な契約を見直す事は大事です。どこかに必ずと言っていいほど無駄があるものなので。しかし契約に関しては自分でどれが無駄な契約なのかを判断するのは難しいですよね。様々な会社の情報を収集して比較していくしかないので大変です。

ショップなどで相談しても必ずしも最適解を提示する訳では無いので地道な情報収集しか無いですが、この努力が大きな節約を生むので節約を本気で考えてる方は大変ですが様々な契約の見直しをお勧めします。


節約や貯蓄は家計簿が必ず必要ですね

結婚してからずっと家計簿をつけています。もう20年です。最初はノートに書いていました。次は書店で家計簿を買ってつけていました。次はエクセルで自分で作ってつけていました。
今はスマホで管理しています。私の家計簿は予算をたてることです。そして固定費、流動費にわけて計算します。固定費とは決まって毎月支払うお金です。
たとえば、住宅ローン、車のローン、など変動しないものです。流動費は光熱費や食費など毎月変わっていくものです。まず収入から固定費をひいて残りを計算します。
その残りでやりくりしていくのです。やりくりも予算をきちんと立てて計算します。特別な費用はボーナスで支払うので毎月の家計簿には反映しないようにします。

変動費は、食費、光熱費、通信費、雑費、子供費、ガソリンなどです。これを毎日必ずレシートを見てスマホに入力していきます。
あと残りの残高がいくらあるかわかるので、切りつめていこうとか考えるようになりますよね。一番、大変なのは食費です。見切り品を使ったり業務スーパーで買ったりして底値をチェックして買い物もします。
基本ストックはしません。今は激安スーパーがあるのでそこを冷蔵庫変わりとして使っています。これで1千万円貯金しマイホームをゲットしました。


節約の師匠

家屋は、20階層周辺前、ピッタリバブルがはじけた頃に、父親が脱サラして乏しい商売を始めました。
兼ね合い裕福な家庭で育った俺は、はじめの時は依然として若かったこともあり、断じて儲からなくてもどうも貧困ごっこをしているような呑気な心持ちでおりました。
ところが、二人のお子さんが受験するようになったあたりから、果たしてすきが無くなってきたのです。
その時に、たまたま学生時代の友達のうちに遊戯に行って、感動が落ちました。
主人もまた、元々は裕福なお嬢様だったのですが、その生涯はちゃんと質素で驚きました。
御亭主は公務員で、そこまでやる義務はなかったものの、おそろしいカットをしていたのです。
前もって、召し上がる容積が小さく、ご家中スマートでした。
四個人引き取り手の食費は3万円で治める。うちは、おんなじ4個人家族でその3ダブルくらい使っていたのです。
安いものを組み合わせて工夫して料理する。エースを貰う。暖房もきっと入れない。テレビも決して見ない。お衣裳は、お下がりを活用する。クルマも軽。それでいて、階層に一度はご家族で海外周遊に出かけていました。うまくお得に行ってました。そして、最適うちまで建て、ちびっこを留学までさせたのです。
それから、私も悔悛し、近隣を師匠と呼んで見習うようになりました。
強敵根気が入りますが、日々精進と思ってカットを意識しています。


日器機費を燃やす要領

太陽装備増える現金を節約するには次のような技術があります。

歯磨き粉
最後にチューブを切って使います。最低でも4回分ほどり利用できます。

ティッシュ
器物無しの人間が安くておすすめです。ビニールのメニューの通りつかってもいいですし、お気に入りのティッシュケースにうれてもいいでしょう。器物をすてるエネルギーが減りますし、エコだ。

キッンペーパー
天ぷらをするときはマキシマム冒頭だけキッチン紙を利用して、下にチラシや新聞紙を敷きましょう。少ない体積で天ぷらができます。

シャンプー・リンス
詰め替えカリキュラムをただただ来れる人間のボトルがオススメです。詰め替えるエネルギーがはぶけますし、消え去りみたいになったら開けてカリキュラムに水を入れてすすぎながら無くなることができます。無用がありません。

乾電池
充電がやれるタイプを購入しましょう。長い目で見るとカットになり、もう一度買いに行くエネルギーを取り除くことができます。

太陽装備費は少し見方を置き換えるだけでカットこなせるものがたくさんあります。必ず参考にしてください。
ラップ
ラップを扱うのは最小限にして、範囲で助かるふたを購入しましょう。100円職場などでも販売しています。繰り返し使えて便利です。埃も出ないのでエコだ。

食器専用洗剤
洗い桶に水をためて汚れを浮かせます。100円sy


小銭貯金は意外と貯まります

今私がしている節約方法は小銭貯金です。

買い物に行く時は例えば3000円以内というように大まかな予算を決めておきます。そして、その金額の範囲内で買い物をするようにします。レジで支払いをすると、お釣りをもらいますが、そのもらったお釣りを家に帰ってから、貯金箱に入れていきます。つまり、一回の買い物で決めた予算分を使い切ったとして、余った金額を貯めるのです。

すごく単純なことなのですが、意外とお金が貯まります。私の場合はだいたい、一ヶ月で2000円以上は貯まっていると思います。貯金箱は小銭だらけになりますが、いっぱいになるまで貯まったら、銀行でそのお金を貯金するようにすると、一年経つとそれなりの金額になるのです。しかも、毎回、買い物の前に予算を決めておくことで、予算内での買い物をしようと思いますので、無駄なものを買うことができないようになります。

本当に色々と考えて買い物をするようになりますので、例えば、冷蔵庫の中身をチェックして必要なものを確認したり、日用品を余分に買わないよう残量をチェックしておく等して、多分なかったと思うと言って、買うことがなくなり、予算よりも安く買い物が済ませられたりします。

また、余剰金を次の月に回すのではなく、貯金にしてしまうので、毎月同じ予算で買い物をするようになり、慣れるとすごく簡単です。気づいたら意外に貯まっている、というすごく簡単な方法だと思います。


毎日の食事での節約

お金を貯めるのは難しいですが、使うのは本当に簡単なものです。

毎日の食事は欠かせない要素ですが、それも結構無駄使いというのが多いのです。特に外食や、おやつなどでガバガバとお金が出て行くので、出来る限り家で食事してそれも節約しながらといろいろと工夫しながらやっています。

小さな事を言えば切りが無いのですが、家でちょっとした庭などがあればトマトやきゅうりやニラなどは作ってみるのがいいと思います。私もそんなにいろいろと作るのが得意なほうではないのですが、毎年トマトときゅうりだけは植えています。栄養剤と肥料をあげれば、それほど大変ではありません。

春先にアブラムシがでるのでそれを退治してしまえばそんなに害虫の心配はないのです。春に植えたトマトですが初夏から食べ初めて今でも食べています。今年になってトマトを買ったことがないし、きゅうりも最近になって買いました。かなりの節約になったと思います。家でしか出来ない人は、貝割れなんかは簡単なので栽培してみるといいと思います。

その他には毎日チラシを見ながら献立をたてるのは当たり前の事ですが肉や魚などきちんと小分けにして、冷凍庫に入れてあげるのは常識だと思うのですが、出来たらマジックで日にちを書くのもいいと思います。

その他に長持ちしない野菜の買いすぎは禁物です。ほうれん草などは茹でて冷凍しても解凍後同じように食べれるので便利です。
いろんな工夫で無駄なく食生活で節約することができます。


節約と人との関係性

節約とダイエットは似ているという話をどこかで読んだ事がありますが、本当だと思います。

衣服代を抑えるために体型維持を試みたり、太らないように工夫して過ごし、誘惑に負けないようにすることが必要になります。以前作家の椎名誠さんも「服を買わなくてすむように、体型維持をしている」と発表
されていたけれど、椎名さんは物質より大事なものを手に出来ていると推察します。

物を買いやすい人の多くは、心の穴を埋めるための買い物をしている傾向があるそうです。

「若い時の服が今でも入る」という人は、若い時の体型を維持するための努力をしていて感心しているのですが、今でも若い時の服を着たいのかというと、そうではないことがわかります。そういう人は自分を客観視出来るので、体型は変わらずともその時の服が似合わなくなっているのを感じているのでしょう。

だから、自分が今似合う服を選んで買うことになるのです。こういう人は、節約とは無縁で「着倒れ」になる可能性があります。しかし、服を買う余裕がない人達がいるのも事実です。冠婚葬祭の時以外は、普段着でいられる方が良いのではないでしょうか。

節約するためには変な話ですが、人との付き合いで「お金を使わずに気を遣う」ことを日頃から出来ているかというのが重要になってくるでしょう。もちろん、日本にいて「まるっきりお金を使わない」ということはありえない話ですが、付き合う相手の様子に気を配ったり大事な時に必要な存在となることもお互いの生活を満たす重要なポイントになることは間違いありません。

その点では節約する社会というのも、満更悪いものではないかもしれません。
人と人との関係性と節約は比例するとしみじみ思います。


貯蓄や節約をする時は、無理な設定金額はやめましょう。

貯蓄や節約をする時は、無理な設定金額はやめましょう。

貯蓄や節約を計画する時に大切なことはギリギリの設定金額を決める人がいます。しかし、計画は常に思い通りにはいかないものです。例えば急な出費などで計画していた貯蓄額や節約額に達しないことは当然あります。その時、計画にある程度の余裕があれば来月少し節約額を増やして対応することも出来ます。それくらいの計画の柔軟性がないと続けることはできません。

大体の人は計画に柔軟性がないために、この急な出費で計画が上手くいかなかったことを後悔して投げ出してしまうパターンが多いです。貯蓄や節約もある程度ゲーム感覚で、楽しむ感じでやりましょう。また、貯蓄や節約は長期の計画なので続けれることが大切です。続けれない計画は計画としてはダメだと思います。

しかし、どうしても計画を立てるときは、早く目標に到達したいと考えます。貯蓄も節約も我慢をすることなので苦しいことはしたくないという人間の心理は理解出来ます。

ですが、どんな事でも短期で目標に到達させるためには無理をしないと出来ません。でも、どんな事でも無理が過ぎると大きな反動や失敗に繋がります。

そのためにも、貯蓄や節約の無理な設定はやめましょう。