貯蓄をするには1日単位で予算を立てる

500円玉貯金の成功率アップ

今月の小遣いまたは光熱費などを差し引いた生活費を千円札に両替して、札入れにいれます。札入れの金額を日数で割、1日目分を毎日利用する財布に入れます。1日必要な金額をお札でお財布にいれます。不安なら1万円は予備費として両替せずに財布に入れておきます。

支払いは千円札か500円玉以外で支払います。釣り銭の500円玉は使いません。次もお札か500円玉以外の金種で支払います。帰宅したら財布に残った500円は貯金箱にいれます。他の小銭は別の箱にいれます。毎日くり返します。500円玉は絶対に使いませんが、箱に溜まった小銭は月末近くに千円札が不足してきたら毎日使う金額に札と小銭を入れます。

1日2000円で予算を組んだとしたら、はじめはお札二枚を財布に入れます。小銭が溜まってきたらお札一枚と、小銭1000円分を財布にいれます。残った500円玉が貯金になります。

生活費は日割りにする。絶対に500円玉は使わない。ルールはそれだけです。休日分も日割りとして入っていますから、休日使わないで我慢するだけで、翌日財布には浮いた1000札が繰り越されます。1日我慢すればゆとりが出来ます。日割りですから、本来ゆとりがある月初の段階で我慢して、毎日の生活費にゆとりがでるように頑張ります。お財布に千円札が残り新たにその日の生活費を足すのですから、苦しのは月初だけです。月末に残った千円札も貯金します。

翌月は、またお財布にはその日の生活費だけからスタートします。1日500円玉一枚残れば、月に1万5000円、年間は? プラス浮いたお札?毎日無理なくためて、年間になると驚きの節約をしていたことになります。

引きだも出来ます。ただし500円は使わない。必ず残ります。


節約や貯蓄は家計簿が必ず必要ですね

結婚してからずっと家計簿をつけています。もう20年です。最初はノートに書いていました。次は書店で家計簿を買ってつけていました。次はエクセルで自分で作ってつけていました。
今はスマホで管理しています。私の家計簿は予算をたてることです。そして固定費、流動費にわけて計算します。固定費とは決まって毎月支払うお金です。
たとえば、住宅ローン、車のローン、など変動しないものです。流動費は光熱費や食費など毎月変わっていくものです。まず収入から固定費をひいて残りを計算します。
その残りでやりくりしていくのです。やりくりも予算をきちんと立てて計算します。特別な費用はボーナスで支払うので毎月の家計簿には反映しないようにします。

変動費は、食費、光熱費、通信費、雑費、子供費、ガソリンなどです。これを毎日必ずレシートを見てスマホに入力していきます。
あと残りの残高がいくらあるかわかるので、切りつめていこうとか考えるようになりますよね。一番、大変なのは食費です。見切り品を使ったり業務スーパーで買ったりして底値をチェックして買い物もします。
基本ストックはしません。今は激安スーパーがあるのでそこを冷蔵庫変わりとして使っています。これで1千万円貯金しマイホームをゲットしました。


ただの貯金より得する貯蓄を選びました

昔から貯金しなきゃとは思いつつ、なかなか貯蓄を増やせないでいました。

毎月決まった額を、貯蓄用の口座に貯めて行こうと思い貯蓄用の口座を作りましたが、公共料金や携帯代など全て同じ口座で管理していたのでやはり毎月わざわざ別口座に移すのが面倒になってしまったり忘れてしまったりで続きませんでした。

子供が出来てから、本気で貯蓄を考えて学資保険に加入しました。しかし子供の学費の為なので貯蓄しているという感覚はありませんでした。

そんな時に、学資保険に加入した保険会社からDMが送られてきて何気なく見ていると、毎月数千円が引き落とされ10年後の満期になった時に利息がついてくるという商品でした。勝手に引き落としてくれるなら、手間も掛からないし数千円なら軽く始められるかも!と思ったのと、利息が銀行の定期預金より全然多く付いてくるので、口座に入れておくよりは得だと思いました。

手続きは少し手間でしたが、一度入ればそのまま10年は勝手に貯まってくれるので楽しみになりました。

貯蓄と聞くと、銀行としか考えてなかったので偶然でしたが得な貯蓄方法が見つかって良かったなと思っています。

なかなか自分で貯金をするのは大変なので、勝手に引き落としてくれるこういった保険を利用するのもありだと思いました!


私の節約方法とこれからの貯蓄について

私は、20歳の主婦をしています。若いため旦那さんの給料もさほど高くはありません。子供ができた時のために現在貯蓄をがんばっていますがなかなか貯めることができていません。

そこで1年前ほどから節約をすることにしました。

その節約方法はいくつかあります。

一つ目はひとつひとつの電源をコンセントから抜くことです。まずテレビやファンヒーター、空気洗浄機などの使わない時間帯がある時にはコンセントから抜いています。

そうすることでほんの少しではありますが電気代を節約することができました。

二つ目にはブレーカーを落とすことです。気をつけることはキッチンにある冷蔵庫のブレーカーは落とさないことです。リビングや畳部屋だけ長時間でかけるだろうなーという時はブレーカーをお出かけ前に落としています。

三つ目は冷蔵庫の中にカーテンをつけることです。冷蔵庫は開けたり占めたりする時にとくに電気代がかかりますそのため冷気が逃げないために冷蔵庫には透明のカーテンをつけ少しでも冷気が逃げないために工夫しました。

夫はこういう節約がめんどくさいと言いますが将来の子供のためにこの節約はつづけたいとおもいます。

将来子供ができ少し大きくなれば海外旅行にもいきたいです。


貯蓄や節約をする時は、無理な設定金額はやめましょう。

貯蓄や節約をする時は、無理な設定金額はやめましょう。

貯蓄や節約を計画する時に大切なことはギリギリの設定金額を決める人がいます。しかし、計画は常に思い通りにはいかないものです。例えば急な出費などで計画していた貯蓄額や節約額に達しないことは当然あります。その時、計画にある程度の余裕があれば来月少し節約額を増やして対応することも出来ます。それくらいの計画の柔軟性がないと続けることはできません。

大体の人は計画に柔軟性がないために、この急な出費で計画が上手くいかなかったことを後悔して投げ出してしまうパターンが多いです。貯蓄や節約もある程度ゲーム感覚で、楽しむ感じでやりましょう。また、貯蓄や節約は長期の計画なので続けれることが大切です。続けれない計画は計画としてはダメだと思います。

しかし、どうしても計画を立てるときは、早く目標に到達したいと考えます。貯蓄も節約も我慢をすることなので苦しいことはしたくないという人間の心理は理解出来ます。

ですが、どんな事でも短期で目標に到達させるためには無理をしないと出来ません。でも、どんな事でも無理が過ぎると大きな反動や失敗に繋がります。

そのためにも、貯蓄や節約の無理な設定はやめましょう。