私の食費のとっておきの節約方法

私のあまり人に教えたくない、食費節約方法てす。

買い物のときに必ず

一週間分の食材を買いだめする。

買いだめって、無駄な商品もついつい

買ってしまいそうですが

まとめ買で、今週は、いくらお金を使ったかを

把握することができます。

お金の流れを、把握して

下さい、

あと

一週間の食材を買うときに

その時に 必ずポイントカードが貯まるお店で買います。

忘れたら家に取りに行きます。

あと、空腹では、絶対に買い物しない。

これは、鉄則です。

空腹だと、私は甘いものなど、余計な商品を買ってしまいます。

マスクやガムを食べながら

買い物してます

一週間分まとめて買い家に着いたら

食材を小分けにして

すぐに食べるの以外は

茹でたり炒めたりして

冷蔵庫や冷凍庫にいれます

必ず、日付も、タッパーに記載します

買いだめしたからと、最初のは

ご馳走を食べたくなりますが

最初から、絶対に節約料理を

出します。私の家は

二日に一度は

小麦粉料理です。

何かというと、お好み焼きみたいに

小麦粉でカサ増しをします。

チヂミやお好み焼きみたいなのを

よく作ります。

以外と、お腹が膨れて

満足します。

あと、お腹がいっぱいになるまで

食べない。

健康にもよいです

もう一つ

あんまり頑張って、料理しない。

頑張って作ってしまい食べ切れなく

なり、捨てたら

お金も捨てたようなものです

節約といって頑張って買い物や

作りおきを、しないことが

私のとっておきの節約方法てす


食費の節約方法

よく毎月の固定費を見直すことが節約のカギと聞きますが、うちの場合家賃や保険などの固定費は既に見直しており節約する所が見当たりません。

あとできることと言ったら毎日必ず必要となる食費の見直しに着手しました。

共働きでゆっくりと買い物をする時間がとれないので、仕事帰りに駅近くのスーパーに寄って食材を買っていました。

なるべく数日分まとめて買うようにはしていましたが時間がない中バタバタと店内を歩いているとその日に必要なものだけをとりあえず手にとる事になり、家に帰ってきてあーあれも買うべきだったと後悔することが多々ありました。

そんなある日、自宅近くに都内では初出店となる激安スーパーがオープンしたのです。

お肉を中心にとにかく安いのです。

うちは育ちざかりの男の子供が2人、大食いの旦那もいるので、お肉が安いのは非常に助かります。

自宅から自転車ですぐの場所なので、週末にあいた時間で買い物に行けるようになりました。そして、1週間分の食材を買うようにしました。

だいたいのメニューを決めます。私は料理が苦手でレパートリーが多くありません。

ノートにメニューを書き出すほどではありませんが、月曜日は焼き魚、火曜日は肉入り野菜炒め、水曜日はうどんなどなど、メインディッシュだけでも頭にいれるだけで違います。

それをもとに買い物をすると、平日にスーパーに行く必要がなくなり、無駄なものを買う必要がなくなりました。

食材の買い物は週1回となったので、食費管理も非常に楽になりました。


1日の食費は1000円~1500円が日常です

私は物心ついた時から両親の影響で貧乏性であるため、特に節約をする必要がなくても無意識に節約をする癖がついてしまっている子持ちの専業主婦です。

例えば、今では普通になったスーパーの袋の3円ないし5円という価格一つとっても勿体無い精神が働くため、常にカバンには袋を忍ばせているのですが

その時の思考がケチというか、節約型なのです。

例えば、お菓子や自分の娯楽に使うお金は高くても楽しめれば気にしない割に

うっかり袋を忘れて3円を支払ってしまった時に、「あ!これで600円分のポイントがまた無駄になってしまった。」としばらく引きずってしまうのです。

そんな私はやはり無意識のうちに買い物をしながら常に「ざっくり計算」という癖があり

だいたい1000円くらいになる計算をしながら

スーパーが徒歩1分の距離にあるので毎日17時過ぎ頃にいっては必ずといって良いほど値引きシールが貼られたものを買い出しに行きます。

その結果、メニューはいつもその日買い物できたもので決まりますし、レジ打ちの際には値引きだらけのレシートが出て来ます。

日用品などを買った時は予算オーバーするのは仕方ありませんが、日常の買い物で1000円を声た時には「今日は奮発しちゃったよ」なんて思っています。

でも本当は、節約なんてしたくないな。

私の今のささやかな目標は、「欲しいと思ったものを値段を見ずに買えるようになること!」。

頑張ります。


食費を切り捨ている

自分のお小遣いとして取り扱う収入は節約したくありません。しかし最近は色んなものが値上がりしてしまい自分のお気に入りもどうも購入できなくなってしまいました。
最初は我慢して自分の好きなものを購入しないようにコストダウン生活をしていたのですが、そのコストダウンは自身に向いていなかったようでとてもプレッシャーになりました。
しかしどっか節約しないとお金がきつくなってしまう。
ですので自身は、自分の我慢できる費用を考えて食費を切り詰めることにしました。
元々食にそれだけ興味がないことと、今どき年代のせいかお肉を食べたくなくなってきたのでそこの部分でコストダウンを開始しました。
野菜は、近所の上級で週間に一括払い低い場合がありますのでそのときに山盛り購入します。
ゆでて冷凍で耐久行えるものは耐久し、早めに食べておかなければならないものはなるべく短くメンテナンス行う。
最近はおからを購入してきて毎日のように食べています。少量でお腹いっぱいになりますし、安く購入できます。
今まで適当に食べていた内よりも栄養素が偏らず、具合もよくなってきました。
コストダウンしようと憧れ言い訳努力をするよりも、健康のためにと思いながら適度に節約するほうが貫くようです。
今まで自分食費三万円かかっていたのが、最近は一月で二万円以内に鎮まるようになってきました。