飲兵衛様にはお勧めの縮減技術

40フィーも見えてきて、今更何をなので、これから隠しません。うん、わたくしは飲兵衛だ。いくらでも飲めます。ワンデイの終わりに焼酎をボディにいれると、その日あった不愉快ことはほとんど殺菌することができます。
でも、一つ問題があります。それに掛かる出金が馬鹿になりません。家で缶ビール、缶チュウハイは遠ざけたくて、外側呑みばかりをしていました。そのため、月額によっては月額の末日、それをやる余白が切れることもありました。ちっちゃなバーであっても、ワンコインでカクテルが飲めるお暖簾など無く、ペーパーのお金が飛んで行くのだから無論だからだ。
そこで、わたくし、果実酒分析を始めて見ました。婦人が身近のサイドにもらった梅酒をわたくしに譲ってくれたのがきっかけです。あまりの美味しさに、節電ついでに私も挑戦することにしました。当然始めた当初はカビが生えてしまったこともありました。しかし、軌道にのぼり始めた今は、果実酒分析を始める前と見比べ、月に3~5万、節電できてある。
節電ついでの道楽なのか、道楽ついでの節電なのかは分かりませんが、棚に並んだ瓶を見ると、何やら満ちたりた気持ちになります。出来上がりに通年から数ヶ月加わるのは普通のことなので、作り続けなれば確実になくなります。これが差し障りと言えば面倒なのですが、面白いと言えば楽しいだ。果実酒分析、飲兵衛君にはお勧めの節電術だ。