貯蓄をするには1日単位で予算を立てる

500円玉貯金の成功率アップ

今月の小遣いまたは光熱費などを差し引いた生活費を千円札に両替して、札入れにいれます。札入れの金額を日数で割、1日目分を毎日利用する財布に入れます。1日必要な金額をお札でお財布にいれます。不安なら1万円は予備費として両替せずに財布に入れておきます。

支払いは千円札か500円玉以外で支払います。釣り銭の500円玉は使いません。次もお札か500円玉以外の金種で支払います。帰宅したら財布に残った500円は貯金箱にいれます。他の小銭は別の箱にいれます。毎日くり返します。500円玉は絶対に使いませんが、箱に溜まった小銭は月末近くに千円札が不足してきたら毎日使う金額に札と小銭を入れます。

1日2000円で予算を組んだとしたら、はじめはお札二枚を財布に入れます。小銭が溜まってきたらお札一枚と、小銭1000円分を財布にいれます。残った500円玉が貯金になります。

生活費は日割りにする。絶対に500円玉は使わない。ルールはそれだけです。休日分も日割りとして入っていますから、休日使わないで我慢するだけで、翌日財布には浮いた1000札が繰り越されます。1日我慢すればゆとりが出来ます。日割りですから、本来ゆとりがある月初の段階で我慢して、毎日の生活費にゆとりがでるように頑張ります。お財布に千円札が残り新たにその日の生活費を足すのですから、苦しのは月初だけです。月末に残った千円札も貯金します。

翌月は、またお財布にはその日の生活費だけからスタートします。1日500円玉一枚残れば、月に1万5000円、年間は? プラス浮いたお札?毎日無理なくためて、年間になると驚きの節約をしていたことになります。

引きだも出来ます。ただし500円は使わない。必ず残ります。